2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JAPAN  2006年 2月号 | トップページ | TVぴあ 関東版 1/21→2/5 »

2006-01-22

リサイクル 

一段落して何にも無かった感じになったな。

良かったけどなんかへんな終わり方だったな。

リサイクルの出荷停止の発表

リサイクル萌えの人嘆く。リサイクルの意義を説く。

自分らがないがしろにされてるような感じを抱く

スピッツとしては発表したけど、マサムネさんは応えない

マサムネさん萌えであればあるほどマサムネさんにないがしろにされてるようで許せない。

マサムネさんのひとこと

応えてくれたことに、満足。                                                  ↓                                                                  終了。                                                                              

マサムネさん萌え感情と音楽のことが混沌としてて、ヘンナ形になってしまったんだろな。

田村さんなんかにとっては
リサイクルの中止のことで文句いってたのに
マサムネがそのことで登場すれば
満足なのかって
ちょっとがっかりしただろうな。
って、そんなこともないか。ないな。

私は音楽が好きでも、メンバーが好きでも、パフォーマンスがすきでもMCがすきでも、
どれもいい事だと思う。

みんな音楽は好きだろう。

音楽のみが好きな人が高尚で、逆転している人とかに勝ってるとか、そういう感覚は全く持ち合わせていない。

そんなことはその個人の趣味の問題だ。自分の関知する領域の範囲外って言う感じだ。

ただ、音楽のことと、他のことの混同が華々しいっていうのは、見ててヒクってのはあるけど。
(そして 今回は 混同華々しい系のにおい感じて
 ヒイタな。)

それにしても、私なんか田村様の手のスジ萌えだもんな。
萌の対象ということで言えばヒカレルな。関知領域の範囲外って事で放置ヨロシク。

ただ今回のことで音楽の問題とそれ以外の萌え感情が入り乱れると
ダイナミックな動きになるのねって事を実感した。

何日か前、ライブドアのことで、売り注文が殺到して市場が閉鎖されたとき、評論家が言ってたけど

経済理論に感情が拍車をかけると動きが巨大化するって。

出来事は、そうやって、歴史的出来事に成長するっぽい。

似てないようで、似ているな。

« JAPAN  2006年 2月号 | トップページ | TVぴあ 関東版 1/21→2/5 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/8284009

この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル :

« JAPAN  2006年 2月号 | トップページ | TVぴあ 関東版 1/21→2/5 »