2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今回情報薄いですースピッツ発見 | トップページ | やっとパンフに載った サイクル ヒット »

2006-02-12

BRAND-NEW MOTOR SHOW

を見ようと思った。BRAND-NEW MOTOR SHOWは、買ったまま放置になっていた。チケも取れたことだし見るぞと取りだした。が、TVの前に、8日にリリースされたメイデンの DEATH ON THE ROADが、またこれも買ってきたまま放り出されてる。う~ん、ちょこっとだけこっちを見よう。

メイデンのボーカルは4回変わっている。2番目と4番目は同じ人だ。カップヌードルの宣伝で、原始人がマンモス追っかけてくのあったけど(で、その後マンモスに原始人が追っかけられるんだけど、まぁその話はどうでもいいとして)その原始人の群れ?にそのまま素ではいっても違和感のないような人だった。が、見てびっくり。うわー痩せたな、髪も短い。でも友達もいってたのだけど、歌うまーい。以前より高音張ってるし、演技も洗練されてる。

じゃ、友達に「ツインギターじゃありませんゼ」って言われた、トリプルギターはどんなもんだ?って思ってたけど、厚い。好きなTHE TROOPER(明日なき戦い)なんか、もう凄すぎて圧倒された。多分ユニゾンで2人が弾いて、そこにもう一台を重ねてるんだと思う。逆に厚すぎてメリハリ薄いって曲もあったけど、ド迫力だった。結成25年のメイデン。ベースのスティーブハリス、あなたの居るところにメイデンあり。健在というより、凄すぎだった。

今メイデンはツアー中だ。日本は省かれてる。なんで2004年に行かなかったのだろう。

ということで、昨日は終わってしまった。DVDはCDと違って、”ながら”で楽しむことができないのが、辛い。その代わりといってはなんだが、洗濯物たたみながら、エルアール聴きました。といっても、恥ずかしながらエルアール1枚しか持ってない。

ということで(って「ということで」が続きすぎでっせ)、今「BRAND-NEW MOTOR SHOW」見ました。楽しい。田村様がたぶんスーベニア録音しながら、こっちもやっていたためか、頬が痩けていて、すこぶるカッコイイ。結構しゃべるし、演奏のお姿も沢山映る。これいいわ。

石田コキチ(ホント失礼なやつ、でもまあいいや。ってオマエが許可するな)だが、お互いの事を批評していて、田村様について「演奏もポップだけど、人間そのものがポップだ」みたいな事を言ってた。コキチさんの話って面白い。

黒沢さんは田村様について、動きがこんなに凄いとは~みたいなことを朗らかに言ってた。

コキチがステージで、今日は試験だみたいなこといって、これから演奏する曲目を教えない。田村様はコキチのダブルネックみて「天国への階段じゃないの~」みたいなこといってた。そして、ヒントは、最初のコードはCとかいって、始まった曲が空飛びだった。マサムネさんの名前がでたところで、田村様が飲んだ水を拭きだしてた。すごいウケタ。

スピーダーなんかもそうなのだけど、フーとかに似てるのがある。みんなで腕ぐるぐる回したりしてアクションもフーしてた。

黒沢さんはやっぱ凄いわ。昔スキー場のゲレンデでなんかで、曲とか流してたことあったけど、エルアールの曲って、そんななかで流れる曲のうちの一曲くらいの印象しかなかった。人の曲らしいけど、ヒートウエイブとか歌うけど、かっこいい。作った曲も何曲かイケテル。ドラムの人もだけどcurve509ってのをやってるらしい。全然知らない。無知だな。ちょっとチェックしてみたくなった。とりあえずCD買おうっと。

自分がどっちが好みとかいうことだけははっきりしているわけだが、スピッツと比べることは意味がない。田村様があまったれの時、どこかの会場(多分ZEPP TOKYO?)とかで、メンバー紹介のとき言ってた(失礼、仰せられてた)ことばがジンと来る。「昔バンドやってたとき楽しかった。でも今もたのしいじゃん」みたいなお言葉。

モタワいくの、すきな曲もあるし、楽しめそうだけど、今一モタワの曲によって凄く楽しめるのかどうかの確信はない。そんななかで、演奏を楽しんでるカッコイイ田村様を見ることが中心になってしまいそう。演奏を楽しんでる田村様を楽しむゾ。黒沢さんをみたいってのも10%くらいあるけど。

スピの情報あんまり無くて、というか一つもない。長さでごまかすって訳ではないんだけど。そーだ、マサムネさんが書いていたパンクの話。

ピアの記事書いた人が、マサムネさんのこと、パンクロッカーみたいって書いていたけど、「えっ」て感じだったってことを前に書いたんだけど、その時は、スピッツのライブの印象って人によって凄く違うんだなって、思ったんだ。でも、そうじゃなくて、パンクに対する感じかたの違いってことに、マサムネさんの書いたの読んで気付いた。

要するに、人間長くやってますの人で外国のパンクのイメージしかない人は、昔のイメージが定着し過ぎてるから、そう感じることができなかったのね。言葉の定義というかイメージの違いだな。スピッツのライブの印象のちがいではなくて。

で、そういう変化についてマサムネさんはきちっと捉えてるってことだな、きっと。

« 今回情報薄いですースピッツ発見 | トップページ | やっとパンフに載った サイクル ヒット »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/8623601

この記事へのトラックバック一覧です: BRAND-NEW MOTOR SHOW:

« 今回情報薄いですースピッツ発見 | トップページ | やっとパンフに載った サイクル ヒット »