2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の11件の記事

2006-03-31

サイクル ヒット ぐあんぐあん流れてた~♪

昨日の夕方、近くの小さなCDショップへ。

自動扉の前にスピッツのバスのポスター。。いいね、いいね。正面でお出迎え。そして、夏の魔物、魔女旅に出る、惑星のかけら、ぐあんぐあんかかってました。幸せがここにある。小さいお店なので、コーナーなんてものは無く、会計するテーブルの上に積んであった。このところ売れてますって、お兄さんが。特に前期がって。別の買うつもりだったCDが無いこと確認して、注文だけして帰ろうと思ったのだけど・・。日なたの窓に憧れてまで聴いていこ~って、自分チで聴けよと内心思っているのだろうけど、ニコニコ、スピッツいいですねというお兄さんと盛り上がってしまいました。

そして今日。常磐線に乗った。

とある駅の新☆堂。流れてましたよ、流れてましたよ。サイクル ヒット。コーナーもあって、人と会うまでの15分間に前期2枚、お買いあげ。手にしてながめてるおねーさんに、少し後ろ斜めから「かえーー~~」って念力送ってました。サイクル ヒット流れてるのだけど、渚>スカーレット>夢じゃない>>楓>>って飛ぶんだよね。運命の人どこですか、冷たいほっぺも。でもスピッツ流れてるだけで、そこが居心地の良い自分の巣みたいに感じでしまう誤解人の私、いろいろな町のCDショップでスピッツが流れてるなって思うと幸せ気分いっぱいです。新星堂ではギフト・オルゴール・スピッツ・コレクションも流れてた。

あしたはZOOMだな。忘れないように、気ぃーはって、録画の用意を。でも合格者の送別会が入ってる。22時~23時。絶対戻ってくるぞ。「余裕コイテル場合じゃない」「遊べる成績ではない」といって、早く帰ってスピッツを見ている明日の自分が見えます。

http://www.spaceshowertv.com/sstv/program/zoom/index.html

このシングル ヒットって、違和感なく入ってくる。違和感って言葉ちょっとヘンかな、ベストを聴いてて、しっくりこないっていう言葉の方が適切か。しっくり来る時と来ない時の差って何かなって思ったんだけど、曲が時系列に並んでいるからなのかもしれない。曲が収められてる基準がはっきりしていて、しかもそれが時系列だと何か安心感みたいなものがあるのかもしれない。他の人のベスト聴いてて、凄くいいなって思うときもあるけど、なんでこの順なんだよって思うときもある。そんな時って、並べ方の基準が解らないことから来る不安定さを感じているのかもしれない。

2006-03-29

ココログの調子悪いよ~

今日はココログのメンテの日。終了したようだけど、調子がすこぶる悪い。

lunalunaさん、ごめんなさい。今日じゃがポックル食べることができたので、

うれしくてlunalunaさんのコメに書いたら、一回目送信出来ずに、再度変更>送信したら

ダブルで入ってしまいました。一個削除お願いします。

このことを再度コメで伝えようと思ったのだけど、なかなか送信できない。。

ここなら送信できるかな。

今日じゃがじゃがポックル食しましたぞ。うわさのブツとあって、ほんとオイシイ。

袋小さいので、すぐ食べちゃいそうですね。理性がここでものを言うはず。

送れるかやってみよう。ここ覗いてくれることを祈りつつ(=゚ω゚)ノポチ。

2006-03-24

CYCLE HIT   サイクル ヒット

注文してた別のCDを取りに行ったら、サイクル ヒットの方もゲットできた。

今年上半期の贈り物はこれって決めてるから、数注文した。もう一軒のCDショップでも数枚注文してるので、そちらはスピッツ ファンらしく25日にもらいに行こう。

「めざめ」と「夢おい虫」はそれぞれ、本体と別になっているのかと思ったら、2枚組のような装丁。2800円でお買い得って感じがする。

しかし私としては、スピッツそんなに知らない人へのプレゼントは「めざめ」と「ゆめおい」猫ばばする予定であったので・・これでは不可能・・ネコババ計画が敢えなく崩れ去る。まあそんなことはどっちでもいい。装丁がキレイでどっしりとした感じがすばらしい。

「ヒバリのこころ」から「スカーレット」までと「夢じゃない」から「春の歌」までが縦にずらっと並んでいるのをみると、凄いなって思う。まじに感動する。凄いヤツばっかり。しかも他にもいっぱい凄いヤツいるっていうのが、また凄い。

そして今、楽しみだった「めざめ」「夢おい虫」を聴いた。

「めざめ」凄くウケタ。前奏からちょっと違う。子供達のバンドのリードが(って、うちの子だが・・)演奏間違ったのではって感じがする。

歌詞もうける。ちょこっと違う箇所が何カ所かある。シュールさ倍増、君に会えた痛みがあふれてるって・・・・・・。でもシンプルでイイカンジである。まだ2度しか聴いていないからいっぱい聴けば、違った感じするのかもしれないけど。

「夢おい虫」はざっと聴いたが、音のバランスがかなり違う感じするけど、それ以外凄く違ったって感じがしてない自分はバカですか、たぶん。はもりとか良く聴こっと。

帰りに早く見たくて、ビニール破って、隣のコンビニのゴミ箱に入れそうになってしまった。応募券これについてるのにね。ふ~。もう少しで、ゴミ箱漁ってる、きょう日珍しくない浮浪系おばさんになるところでした。

ミニポスターもいろんなフォトあってなかなかだ。

これから本体を聴こう。

今日また「めざまし」で紹介されてた。今日はスピッツのサイクルヒットの話題くるかもって思ってたから、録画の用意してたけど、ちょっと遠くにいたので、ダッシュするも、途中からの録画に・・まあ裏番組撮った日よりはましかな・・。

今年はシングル コレクションとショートムービーのリリースでスピッツファンにとっては、ウレシイ年にって言ってたな。これにあまったれのライブのDVDくれば、もう天国なんだけどな。

2006-03-23

マサムネさんの追記

今日はマジクタビレなので寝ようと思ったら、マサムネさんの追記を発見。

おおお!ちょっと感動>プチ目覚め>レッツ ブログ更新。

内容を書くのは御法度かもしれないが・・・WBCの勝利を讃えたメッセの追記で、対戦相手を讃える姿勢が日本の選手にもう少し欲しいというような内容を書いている。

本当にそう思う。決勝の後、キューバの監督がインタビューを拒んでいるというような内容の記事が一時ネットで流れた。なんだよーいじけてるのかーと思ったらとんでもなかった。彼らはインタビューにちゃんと臨みその中で、自分たちスポーツマンとしての誇りとともに日本の勝利と日本の選手のすばらしさを讃えていた。感動した。

イチローの発言は一貫して挑発的だった。でもそれによって日本においてWBCは盛り上がったと思う。もしイチローまでが出場を辞退して、大リーガーが大塚だけだったら、大会自体がショボイものに見えたし、あそこまで喜怒哀楽をあらわにしてくれたから、私みたいなものも引き込まれた。そしてすばらしい戦いが繰り広げられた。

そして感動の内に戦いが終わるのだが、何かが・・何かが欠けているって思ってた。

漠然としていたのだけどマサムネさんの記事読んで、やっぱりこれなんだって思った。

韓国戦ですごい屈辱を味わったなら、屈辱を与えた相手もやっぱ凄いのだ。

キューバに簡単には勝利できないのは、やっぱり相手もそれだけ凄いのだ。

実力の違いすぎるアメリカに勝ったメキシコの根性だって凄い。

自分のチームだけでなく(って、イチローが自分の日本のチームを褒めるのには、また違う意味が込められてるのかもしれないけど・・)

その大会で凄かったものを認めて讃えるのがその大会の勝者のつとめだと思う。それが出来て初めて、その大会はすばらしいものになるんだと思う。

敗者が勝者を讃えることはなかなか出来ないけど、キューバは日本を讃えているのに・・。

なんかひっかかるものが・・・と思ってたら、追記ではっきりして、スッキリした。

サイクル ヒットのCMの第2弾、凄く面白い。最初のより好きだ。

今回はばっちり録画もできた・・・が、今日は疲れた一日だった。

2006-03-20

JAPAN 2006年 4月号

月曜日はWセミナーってところで、ボロクソの短答試験の答練を受けているのだが、ひどく試験でダメージを負っても、JAPANを買うことは忘れない。この前の「音楽と人」で懲りたもんね。

今回CYCLE HITのリリース直前だから、もう少しページ増やして欲しい。見開き2ページ。左ページが写真。右ページが解説。

写真は洋館の外に立っている4人を中から写したもの。着ている服はバスのと同じ。マサムネさんが凄くいい顔に写ってる(って、別に写りがいい訳ではなくて、このような顔なんだろな。ライブの時は日によって顔が凄く違う気がした。ZEPP TOKYOの時は凄くいい顔だった、その時の顔だ。)

右のページの文章は、CYCLE HITの紹介。凄く簡潔である。

「多くの人が、その当時の恋愛やら生活やら何やらを思いだしながら、不意に泣いたり照れ笑いを浮かべたりしながら、この2枚を楽しんで聴くんだろうなと~」って書いてあるけど、本当にそうだよね。

今回のリリースを機に 「RECYCLE」は製造中止となる・・・って書いてあるけど、もう1月の末でなっとりますがな。

550円、しかも見開き2ページ、でもでもマサムネさんはナイスなお顔。

買うかどうか迷う微妙な1冊ドス。(自分は買いました・・ってこれ書くしね。)エレカシが6ページのっとります。

☆☆明日は録画忘れそうでコワイ☆☆覚えていてもポカして違う局とりそうでコワイ☆☆君なら、きっとうまくデキル  と励ましてみる☆☆安心する☆☆安心して忘れる・・☆そのことがコワイ☆このループを断ち切ろう。。。がんばるにゃん。。

2006-03-18

motorworks チケ交換 スピ仲間集合

今日はお疲れ様でした。モタワ、チケットに交換すると落ち着くね。予約だけでは、なんとなく不安だった。後はなくさないようにしないとね。

って、誰にいってるんじゃい、一番心配な人は→チミじゃ→(=゚ω゚);;;;;;;;;;;。

みんなと分かれてから、楽器屋に行って、多分黒沢さんが 2004年のモタワの時に使ってた(と自分としては思ってる)ピックを買ってきた。鳥のやつ、ビデオに表も裏も映ってたから、マチガイナイ・・・・・はず。

てっちゃんからもらった(って、実際は床に落ちたのを拾っただけだけど・・・)ピックと重ねて今ニヤニヤしているのだ。変人さんいらっしゃい、って感じ。

その後近所に70年代からやってるひなびたライブハウスあるんだけど・・高田渡とかも、生きてる頃に来たことあるみたい・・って、死んでから来たらオバケだよな・・そこ覗いてきたのだけど、お客さん自分らだけで、はいっちゃったから出るに出られず・・今戻ってきました。

今日は久々にスピ友集合で楽しかった。

今度はモタワの時だね。

全然スピッツ発見のアーティクルではないけど、ここならみんな読んでくれそうだから、

ここで、はじめましてのご挨拶ではなくて、ありがとうのご挨拶です。

2006-03-17

スピッツワールドの映画

今朝の「めざまし」を見てびっくりした。

サイクル ヒットのCMが出来たという話題の後、スピッツワールドが映画にって話。

サイクルヒットのCMは、スピッツって犬じゃないの?みたいなオモロイヤツで、

バージョンが2つあるらしい・・って、宮崎あおいと西島秀俊の2バージョンなんだろか。

というより、そう言ってたよな?。かなり忙しかった・・・。

DVDに録画して、後でみようとおもったら>>しくった。。。。。。。忙しかったのだ。。

後1週間だもんね、発売まで。楽しみだにゃ。

そして、ビックリしたのが、そのCM作ったノリ?で(って、ノリって言葉は使ってなかったけど、そんな感じを感じた・・へんな日本語だな)淡い恋愛映画を制作するらしい。

あまったれの仙台の時に言ってた、

スピッツの映画で、マサムネさんの役を亀梨君が、てっちゃんの役をもこみち君が(後に、背が高すぎるということで、首になる)、さきちゃんの役を筧利夫さんが(筧井さんの方が年上だよって、つっこまれてたけど)、または、てっちゃん あんど 田村さん役で?、テツあんどトムが?やるの実現するのかなって思ったが・・・

そして出来れば、そちらをヨロシクって感じだが

スピッツの曲が全編に流れる、スピッツワールドに満ちた恋愛物語らしい。

どういうものでも、スピッツの事が話題になるとうれしい。

ガンガン行って欲しい。

映画もうれしいが、あまったれのライブの映像というか

ZEPP TOKYOで撮っていたと思われるライブ映像欲しい。

マジマジ欲しい。

うー欲しい。

2006-03-12

ないなあ。

ない。ない。ないのだ。とタイトルを勢いよく打ったら、タイトルだけが飛んでいって更新されてしまった。

あっちゃ~、力強すぎなの?タイトル変更しよっと。

ない。ない。ない。って、捜し物は何ですか♪?って感じなのだが・・

捜し物は、マサムネさんの更新。今行ってみたけど、無かった。ショボリの境地。

いつも3~5日で更新してくださるのに。。。。。。

                   。。。。。。。 と思ってる(=゚ω゚)は甘いぞ。まだまだだな。

そんなことでガタガタ言うな。ブログ更新するなって更新しちゃってますが・・・・。

海外とか、他にやらねばならない仕事いぱ~いの外的要因か、曲作りとか、色々考えることありでその気になれないとかの内的要因なのか、まあ様々あるのだろう。

マサムネさんが更新してくれると、「おおお、マサムネさんの生存確認シマツタ」って感じでウレシイのだが。

てっちゃん、そういえば更新した文章ひさびさの>>>2行だった。マックで打ったのかな。

でも同じ言葉3回続いていたけど・・・。

あれってテツヤ、マッキントッシュ、プロジェクト 略して、T,M、Pの成果なのだろうか。

1行が2行。。2倍だ。と考えれば凄い成果・・・・・・・のような気がする。

今日どこのCD屋さんいってもかかってる、YUIって言う人のCDを買った。

うまいんだよね。ラブサイケデリココキアを足して2で割った様な感じで。

しかもかわいい。

出身みてびっくり。福岡だった。集中し過ぎではないですか。

2006-03-08

音楽と人 3月号

なにをやっているのでしょうか。やっと予約した「音楽と人」3月号もらって、というか、誰もくれないか、買ってきましたよ。

この近辺は学生が多いし、ギター担いでる人もよく見かけるし・・ヤツラハテキダ・・じゃないけど

5日が休みの時は4日の夜に行って、「角ショキの手あかの無いイキノイイヤツ」を手にいれるべし・・・だな

音楽と人」っていつも、写真も文も ナイス なのだ。そして今回のもナイスなのだ。

右側のページがテーブルに着くスピッツの写真。左側のページが解説。

ほんとYさん言ってたけど・・マサムネさんかっこいい。こういう写真を定期的に見させられると、惚れ込み醒めないね。さきちゃんもイイカンジ。てっちゃんは「半漁人の中では男前と言われてます」って感じの写り。田村様は、どこ見てるんだ御覧になってるんだ。

文章がいい。

今回書いてる人、12月号からスピッツのこと書いてる清水さんって人だ。この人の文章、何を言わんとしているかがはっきりしていて、スキナノダ。そしてこの人がスピッツについて言わんとしていること、いわゆる主張ってやつ、私みたいなトローイ人間にも解りやすい。(=゚ω゚)は「サルでもワカル」系の本を読んで解らなかった事ある人だから・・・・。

書かれてること、事実とあってるのかどうかは知らないけど、私的には凄く賛同できるのだ。「そうだーそうだー、おじさんお兄さんいいこというじゃない、ズバリよ」って感じで読んでしまう。

内容的には、最近、男性ファンが増殖していることを例に出して、スピッツのバンドとしての「男の子」から「男」への変化に焦点を当てている。

カッコイイ文章だにぁ>>「スピッツとは男の子達の成長物語であったのだ・・・・・ロックにあこがれ続けた4匹の夢追い虫たちが、さわって・変わってを繰り返しながら、それを正夢へと叶えていく長い長いストーリー」

ホントそんな感じだ。そしてサイクルヒットは、その過程を、どんなもんだいって、示したもんなんだろな。

(=゚ω゚)は、若きおのこの歌でも、男の歌も 何でも好きなのだ。スピッツに関しては、ヤワイのもハードなものも同じような興奮度で聴ける。

次の曲がどんなものになるのか全く解らないけど、マサムネさんが納得して作るものなら、気高くキラキラしたものだろう。次のスピッツからどんな「男」が感じられるか・・・楽しみだ・・と、全く「女」を感じさせないられない、おっさん系おばさんが申しておりますが・・・・(=゚ω゚)ナニカ?。

最近の音楽と人 

平成17年 11月号たちかわのライブレポート 2ページ ←もっと増やせ

平成17年 12月号の神奈川のライブレポート、これまた2ページ←もっと増やせパート2 

パート2平成18年 1月号の鹿児島のライブレポとマサムネさん抜きのインタビュー10ページ

平成18年 2月号 ZEPP OSAKAのライブレポとマサムネさんインタビューと10ページ

2006-03-06

しょぼり(-ω-);

「音楽と人」5日が日曜日だったので、外出めんどくさくて、今日買おうと思ったら、どこも売り切れてる。近所に3軒。4冊、?冊、10冊らしいが無い。4日の夜入ったらしくて、土、日だったからか、人気者のってるからか・・・・なかった。スピッツのサイクル ヒット取り上げられているらしい・・それなのに・・・・・それなのに・・。取り寄せで水曜日になる。

初めて「みそか」が キャンペーンソングのAQUARIUSの宣伝をフルでみた。いつも、「やってるよ~」って教えてもらって、自分の部屋からダッシュするのだが、足ぶつけて、とくに小指とかぶつけて、「イテー」とか言いつつ終わりの方のみ見られるってパターンばっかりだった。「春の歌」の時もにたようなもの。フルに見れた日は、縁起がいいのだ。

一年間、夏とかも春のうた~~♪とかで、春になりそうなのに、みそかに変わった。でもいつきいてもイイネぇ~。最後の所のさきちゃんのドラムが凄かったのと、田村様のベースがこれまたビンビンだったのを思い出す。

モタワのビデオ借りて見ているけど、一回のライブを写してるものって、見てて凄く楽しい。思わず会場の人間みたいな気になって入ってしまう。

あまったれも出ないかな~。出たら毎日毎日みてしまって、ちょっとヤバイかもしれないけど。  

2006-03-01

居酒屋ろっく てっちゃん登場

2/23(木)20時からの 長崎シティFM「居酒屋ろっく」、てっちゃんのゲスト出演のMD、Yさんから2日前にゲットしたのに・のにのに~、月曜日・・思ったより多めのというか多すぎる試験のミスなおし>机で爆睡、火曜日・・ひさびさに車で遠出>家に戻って爆睡のため、UPが遅くなってしまった。Yさん急いでくれたのにね・・・・とりあえずYさんありが㌧。

この類のものって、どの程度に落としてもいいのか、落とすのNGなのかよく分からないと確信犯でないことアピールしつつ・・ちょっと落とそうというか、まとめ書きしよっと。

1曲目 プライマル スクリーム MOVEN' ON UP

ここでてっちゃん登場。
「なんと、スピッツのギタリストの三輪テツヤさんです。」に対して
「こんばんは、
マサムネじゃなくてごめんね、ギターの三輪です」
から始まりました。
てっちゃんのこの「マサムネじゃなくて~」って、何回聞いただろう。ずーと昔からいってるよね。

その後、二人の関係に。
2人はデビュー当時からの知り合い。京都でイベントやった時に、
ガクさん(G)達が大阪に移動するのに、ノリでさきちゃんといっしょに車に乗ってしまって、大阪で泊まる所なくて泊めてもらった。

お互い住んでるところ聞いたら、隣みたいな事が何回かあって、住んでる階が同じで、外から呼ばれたことがあった。

2曲目 ジャネレーションX RUNNING WITH THE BOSS SOUND

G>最近こだわっていることは?。

ガクさんはトイレットペーパーは2重のに、こだわってると例をあげる。それに対して、てっちゃんは「無いな~」。強いて言えば醤油。何でも醤油を掛けるらしい。目玉焼き、コロッケ、トンカツのキャベツ。

G>じゃ、ラーメンも醤油?

スピッツみんなラーメン好き。てっちゃんは基本的に醤油。その店がうまいかマズイかの判断基準は醤油。みそだとある程度クリアーしてしまうし、塩だとまずかった時の落ち込みが激しいと。リスクが大きいとも。(ここかなり私的にはウケタ。)

そして醤油の話に。九州の醤油はさしみ醤油なども含めてかなり甘いらしい。でも九州の人に気を遣って、美味しくないってのがバシっていえない。気遣いてっちゃん。醤油はやっぱりキッコーマンだとまとめていらっしゃいました。

その後話は、おもしろみのない食べ物へ。好きじゃないってのとは違うらしい。嫌いだと食べないけど、おもしろみのないのは食べられるけど食べない。おもしろみが無いから。そしてそれは>おもちらしい。わたしゃ好きなので残念。じゃ、おもしろみのある食べ物は・・・ということで曲きいてからということで曲へ

3曲目 ラジオヘッド KARMA POLICE

おもしろみのある食べ物は寿司だそうだ。ちなみにマグロの赤身、それも薄い表面のテカッテない赤ではなくて、青とブラック混ぜたような赤。(ヘンナ赤だな~。)コハダも好きと。

更に粋な食べ方について、手塩皿の醤油は少なめに。食べ終わった時に残ってないようにするのがテッチャン流粋らしい。ガクさんは一巻を食べ終わるときに、醤油がなくなっった状態にすると思ったらい。醤油ドボドボじゃんとてっちゃん。

話は「粋」な食べ方の粋から、粋なもの>着物へ。
夏の着物・・甚平じゃないのって突っ込まれてた・・もってるけど自分で着るのが大変。トイレでも気を使うし。スーツもトイレで気を使うと。

G>そこからスーツの話へ。スーツ着ないの?

友達の結婚式とかに着るらしい。色は黒いヤツ。「スーツって流行あるから去年のもう着れないってことはないの?」と聞かれて、まったくそんな事はないって。去年の夏のロックロックの服装のこと話てた。スーツはだれが似合うのって話になって、「田村くんそのまま就職できそうじゃない?」ってのに対して、やっぱり見慣れてないから、みんな同じ感じかなって。

4曲目 ブライアン アダムス I DO IT FOR YOU

てっちゃんが 「かける曲って洋楽ばっかり?」とか質問してた。ガクさんが、「こだわりないよ」って。そこからクレージーキャッツの曲>植木 等>マチャアキ・・てっちゃんが似てるっていわれている人の話へ。

そして、てっちゃんと似ている人が多いと言う話。(髪あんなんなのにね。)「土曜日の朝、京都駅前のコンビニにいませんでしたか」とかいわれる。さらに「ビデオ屋さんでバイトしてませんか」とか言われるって。

「さすがにバイトはしていないよね」って話してたら、ガクさんが、「おれは今やりかねないとこある」って。てっちゃん「笑える話じゃなくなっちゃうよ」。(ここうけました)

その後THE WHOの話。

ガクさんは去年来日したフーの野外のライブにいった。エアロスミスの前にやったんだけど、会場はWHOファン一色って感じだったらしい。
ドラムとベースは違う人だけど凄く良かったって。(ドラムの人は死んじゃってるし、ベースの人は??)
ピート・タウンゼントとが凄いって話から、風車奏法?(本人は昔ボーリングから学んだとか冗談で言ってた)やらないのって話になった。

てっちゃんには腕ぐるぐる回すのどうもしっくりこないらしい。「俺のギターの位置高いから。」「自分はもともとヘビメタだから」「ヘビメタの人は技巧派の人が多いから高い人が多いよね」って。その後「俺は技巧派じゃないけどね、座って弾くこと多いから」。

と言ったところで、ガクさんが、「そこ突っ込もうと思ってた」と。
(うーーん、どこつっこむんだろう。ウケタよ。ちなみにパンクの人は構えるの低いって、てっちゃんがいってた。)

ピート・タウンゼントがテレキャス持って一人で歌ってたのをてっちゃんTVで見たらしいけど、凄くいい音がしてテレキャスとは思えなかったらしい。その後、壊してたって。

更にウエルズというバンドの人が腕ぐるぐる凄くて、演奏も凄くてと言う話も。

5曲目 ザ フー WHO ARE YOU?

そしてここで、また「今日のゲストはスピッツの三輪テツヤさんです」
「ごめんなさいマサムネじゃなくて~」の繰り返し。
若い世代にも浸透させようって三輪テツヤ 三輪テツヤ 三輪テツヤって。(ごめんなさいって言ってたしおらしさのわりには何回も言ってた。)

毎週長崎で有名な食べ物をゲストが食べるらしくて、ここで長崎の皿うどんを食する。
皿うどんはチャンポン麺を揚げたものにあんかけってのが、長崎の皿うどんらしいがソウでないのもok。

坂本龍馬も食べたのかな?と。(てっちゃん坂本龍馬好きなのかな。たぶんだけどアンプに貼り付けてるよね、写真かなんか解らないけど坂本龍馬)

お酢をかけて食べるのが好きらしい。

そして話は焼きそばに。

「焼きそばといえばペヤング」と言ったのに対して、ガクさんが、「そっちなのか。UFOなんだよね、ペヤング派とUFO派に分かれるよね」と。てっちゃんは味と麺から、ガクさんは青のりではなくて紅ショウガが着いているから、それぞれを支持するらしい。

6曲目 エルブス コステル ????たぶんゴッズ コミック 紙の雑誌 違うな??

G「記憶力ってよい方?」・・・「無い?。無い」
道歩いてるとき懐かしい臭いとか~無い無い。
てっちゃん「きっとね、ニュートラルだからね。」

G「映画とかみたりしないの?」
映画は好きらしくて、最近「ALWAYS 3丁目の夕日」と「バッチギ」「笑いの大学」とか見て、三丁目とバッチギは面白かったって言ってた。(フム。。。マサムネさんと同じものを見ているのね)。そして寅さんが好きって。

テレビが来て、3歳くらいの時、白黒がカラーに、ダイヤルからプッシュボタン、そしてリモコンになったと。

その後、せっかく来て頂いたので、なつかしいスピッツの曲、おっぱいをかけましょうということに。ガクさんは、曲がおっぱいって曲だったので、天才だよな~と。テッチャンは最初聞いたとき、おっぱいだったのでビックリ、うめぼしもびっくりしたけどって。

ビーズもからあげの歌歌ってたけど、自分らみたいなバンドブーム前のバンドと今のバンドは実力あるけど、自分たちの時は本当に凄いのいたよねと。てっちゃんは、メジャーセブンスのコードとかネーム解らなくて、当時「おしゃれなコード」って言ってたと。笹路さんが、弾いてるのを楽譜にしてくれたときに、こんなの弾けないっていったら、いつも弾いてるじゃないっていわれたそうだ。

7曲目 おっぱい スピッツ

ガクさんが、一つ訊くと、3つ返ってくるからと。てっちゃんは、しゃべりやすかったと。

ということでした。
てっちゃん、マサムネさん一緒の時は、もっとハネルのだけど、一人だと、結構ウケることイイながらもマトモな線を行くから、凄いよね。バランスなんだろうな。マサムネさん
といっしょの時は、二人でバランス取って、一人の時は一人でバランス取る。
いい人だにゃ~。

時間なくて適当なところ、ミス多い。カンベンしてください。まあ時間あってもさしたる違いはないけど・・。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »