2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 魔法の言葉 と シャララ | トップページ | 「歌オカマ」とこの前のマサムネさんのメッセ »

2006-05-05

友情のエール

1998年に、主催「MUSIC DAY 200× 実行委員会」、協力「社団法人音楽制作者連盟」協賛「CPRA(社団法人日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター)」という出で立ちで始められたミュージックデイ、(=゚ω゚)はぜんぜ~ん知らなかった。数日前にNPOとして認可されたらしい。

文字通り「音楽の日」ということで、都内(だけじゃないよーだ)いろいろなライブハウスを中心にイベントが繰り広げられる。今年で9回目らしい。

そこで渋谷のタワーレコードにモタワのボーカルの黒沢健一のライブを見たくて (=゚ω゚)は行ってきた。

渋谷のタワレコは黒沢健一だけではなく、他に4人のミュージシャンが出場したわけだが、その中の一人が、元フライングキッズのボーカルの浜崎貴司。

そして彼が中心となっておこしてるプロジェクトが”YELL FROM NIPPON”なのだ。

そして我らがさきちゃんがドラムでそのプロジェクトに参加している。

(さきちゃん、カッコエエことやるなぁー。アツイ。ライブの時サキちゃんのスティックお空に突きだしたポーズが目に浮かんでくるよぉー)

CD「友情のエール」の売り上げ600円のうち100円が、サッカーボールを買う資金にあてられ

とりあえずアフリカのエリトリアに、サッカーボールを届けるらしい。

そのことで、日本の国からYELL を世界に送ろうというものナノダ。

昨日のライブで浜崎貴司は3曲歌ったが、3曲目に「友情のエール」をお披露目した。

 
CDではジャンルを越えたミュージシャン、俳優、タレントたち50人以上が参加して、1曲を歌い繋ぐというかたちでこの歌を歌っているらしいが、昨日はソロだった。

曲はあんまり覚えてないけど、イイ曲だった。って、覚えてないのにどうして言えるんだよ。

でもそんな感じが残ってる。

昨日のライブにもしかしたらサキちゃんがシークレットで登場かとも思ったけど、人生そんなに甘くない。会場にはいったとたんステージの機材から、「それはないな」と思った。

私は気がつかなかったが、一緒に行った人の話だとスピッツのT-シャツ着てた人もいたらしい。きっと、さきちゃ~んの登場を期待していたのかも・・と思った。

YELL FROM JAPANって響きがかっこいいな。

この企画が失敗って思うときは、10年後にサッカーボールを送った国が、JAPANより強くなっちゃった時だな みたいなこと(ナチュラル アイシャドー)の浜崎さんは言っておられた。

浜崎貴司のHP
http://hamazaki.org/

« 魔法の言葉 と シャララ | トップページ | 「歌オカマ」とこの前のマサムネさんのメッセ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/9907538

この記事へのトラックバック一覧です: 友情のエール:

« 魔法の言葉 と シャララ | トップページ | 「歌オカマ」とこの前のマサムネさんのメッセ »