2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日は田村様の39回目のお誕生日だ! | トップページ | マサムネさんのメッセ 隠れた自分 »

2006-06-01

ロックロック きたー>>> 。サイクル ヒットのこともちらり。

ロックロックの日程でた!!!。

うっはー、野外がある。気持ちよさそう。

が、すでに他行事が・・。日程の調整だ。

大阪はいいよな。

ちょっと話題としては、ナウくないが、(って、ナウくないって言葉自体がナウくないんだよぉー)スピッツのシングルコレクションのサイクルヒットと言う言葉について

他のブログで書いたので、その部分だけちょっとポチットナでここにコピペしまする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、健ちゃん話題からそれるけど、いっこ下(前)に書いたブログの記事の中の「サイクルヒット」という言葉にこだわってくださる人が来てくださったみたいでうれしい(´∀`)/。

その方の?ブログからちょっと拝借させて頂くと(済みません)「サイクルヒットとは、野球・ソフトボールの試合において、一人の打者が単打、二塁打、三塁打、ホームラン(本塁打)の4種類の異なる内容のヒットを放つことを指す。サイクルヒットは野球#野球における和製英語|和製英語であり、英語では hit for the cycle という。」

ということなのだ。

私もスピッツのシングルコレクションが出る時、サイクルヒットとはなんぞや、と思って辞書を調べた。本当にそのとおりでした。

ただ、スピッツのdiscographyをよく見ると、CYCLE HIT となってって、私としては、周期的に現れるヒットみたいな意味なのではって、理解してた。スピッツの今まで出したシングルを集めた物になるので、意味的にも、周期的に現れるヒットって感じの方があってるのかなって。

でもそれでは、CYCLE HITSと複数形になるのでは・・・とか思ったりしたけど、EVERYと同じで、一回一回の周期という意味で、やっぱ単数扱いかと、さらに調べ、やっぱ単数扱いであることを知った。


でも、2とかスピ関係のHPみると、日本的なサイクルヒットの意味で書いてあるものが多くて、自分としてはそーではないのではと思いつつ、自分のスピッツのブログは、サイクル ヒットという具合に、当初はサイクルとヒットの間に空白を入れて一応こだわって使っていた。

その後、まあどっちでもいいか、日本的サイクルヒットならば、シングル集のなかに、1塁打も2塁打もホームランもあるという意味、つまりいろいろな物が入ってる楽しいものですよっていう感じになるしな~なんて考え出して、こだわってる事自体が風化してしまったのだ。

(どの曲が一塁打でどの曲がホームランなんだ)

風化してるなか、サイクルヒットと言う言葉にこだわった方の登場で、こだわる方いらっしゃるんだって、うれしくなってしまった。
トラックバックありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、CDはCycleHitとなってるところ、CYCLEHITとなってるところ、CYCLE HITとなってるもの各種ござります。わかりませんな。

サイクル ヒットの意味ってどちらでも取れるかもね。などと思ったりしています。

« 今日は田村様の39回目のお誕生日だ! | トップページ | マサムネさんのメッセ 隠れた自分 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/10346626

この記事へのトラックバック一覧です: ロックロック きたー>>> 。サイクル ヒットのこともちらり。:

« 今日は田村様の39回目のお誕生日だ! | トップページ | マサムネさんのメッセ 隠れた自分 »