2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スピッツ OFFICIAL WEB SITEからのお知らせ 多いね | トップページ | ロックロックこんにちは! in 泉大津フェニックス »

2006-08-31

ロックロックこんにちは!in ZEPP OSAKA と JAPAN 9月増刊号 と H←雑誌の名前です、と一応書く。

■(=゚ω゚)ノ ちは。

昨日8月30日は「ロックロックこんにちは! Ver.10パイレーツ・オブ・10リビアン 夜銃」が ZEPP Osakaで行われたわけだが・・・(=゚ω゚)は9月2日の泉大津フェニックスのみの参加だ。たのしそーでうらやましいと、いろいろ他の人のHPとか読んで、フムフムと思っていたところに、一通のメールが舞い込んできた。スピトモのJちゃんからだ。

読んでて、(=゚ω゚)わはははははぁ~お腹いたいよぉ~状態だったので、送ってくれたJちゃんに許可とって、ここに(=゚ω゚)ノポチットナしてしまおう。黄色の文字のところはJちゃんからのメールそのまんまです。

(=゚ω゚)b 以下Jちゃんからのメール↓

この前は情報ありがとです。
とても参考になりました
。(←(=゚ω゚)が人としてなんか良いことをやった模様、(=゚ω゚)

早速ですが聞いてください!!
夕べのライブの事で~~す^^
ホントに楽しかった。

ケツメイシってすごいね。
お客さんの盛り上がり方がスピッツとは違って凄い。
やっぱ若い人が多いからかなあ。
盛り上げ方もすごくうまい。

でも、スピッツはあのカンジがたまんないんだよね。
ちっとも負けてなんかなかったよ。
いつもにもましてかわいかった。
頑張ってたわ。

そしてそして・・・・・
最後にてっちやんから私についにプレゼントが~~~!!
さっきまで使ってた「ピック」!!!
私の?ほうに投げてくれたのよ。
胸にあたった感触はあったんだけど、どうしても見つからない。
周りの若者達が携帯であかりを照らしてくれたんだけど。

仕方ないとあきらめたのはいいけど、アンコールの曲をやってる間もちっとも集中できず・・・・・

泣く泣くZeppを後にしての帰りの駅の中。
トイレに行って何気なくTシャツの中を覗いたらな、何と・・・・!!
ブラジャーの中に「ピック」が!!!

トイレの中で叫ぶとこだった。
むりやり押し殺してその場からでましたよ。

そんな事ってある???
ゆうべほど私の貧弱な胸と伸びきったTシャツに感謝した日はなかった。
ブラジャーと中身に隙間があいてたもんなあ・・・・

てっちゃんありがとう!!!
ピックの先が削れてた。
使いかけのピックだよう。

今度はマサムネさんのをゲットしよう。
次はさきちゃんのだ~~~!
そして次は田村さんの飲みかけのペットボトルだ~~~(これはあんまりいらないかも・・・・)

興奮さめやらぬ○子でした。
朝からすんません。

2日楽しみにしてるよ!!!

~~~~~~(=゚ω゚)~~~~~~~
とな。
凄いなぁ~、てっちゃんの使っていたピックゲットって凄いラッキーだし、ピック凄いところにキープしてるし。てっちゃんのDNAがピックに浸透してて、行きたいところに行き着いたのかな。。
成る程ねぇ~ブラジャーと中身に隙間があったわけだ。
これは巨乳系な(=゚ω゚)には無理な話だ;@;。

んな訳ない。(=゚ω゚)の場合には、ブラが独立して立派、中身貧2で虚弱だから、下から落ちるゾイ。たぶんゼップの入り口あたりで落として、気付かずおうちに帰るパターンですな。

本当にピックゲットおめでとう。そしてメールありがとう。
仙台のけろままさんといい、Jちゃんといい、ピックゲットでつきまくってますな。
2度あったことは3度有る、今度は(=゚ω゚)の番だな。もうピックはあるから、今度はなんだろうと、行く準備を始めたが、明日じゃなかったのね。一日早いぞ。

■本日発売のJAPANの9月の増刊号、JAPAN FESTIVAL 2006は面白い。
まず表紙がマサムネさんと民生さんとYO-KINGさん。
さらに8/5のライブレポートのところに、両ページに亘るマサムネさんの顔がどっかり。
さらにP76~P77にスピッツのステージ、といっても俺すべのマサムネさんなわけだが・・。メンバー載ってないのが悲しいけど・・。
さらに、BACK STAGEのところに、控え室入り口につったっているマサムネさんのちょこっとしした写真
さらに、なななななんと、P96から8ページに亘って、フェス特別鼎談と題して、表紙のお三方、奥田民生さんとマサムネさんとYO-KINGさんの司会者入りの対談が載っている。

さらにが、こうも続くと、店頭販売している人みたいな感じだな、みてみてみてみて~って。

この対談が凄くおもしろい。民生さんはロックフェスは7回の皆勤賞、YO-KINGさんは真心含めて5回、スピッツは3回目。スピッツがライブ終えた直後の対談らしい。

最初に司会の人が「えー、では・・・・増刊号の特別鼎談なんですが、今年、矢沢永吉さんと矢野顕子さん、少年ナイフを除くと、年齢もキャリアもトップクラスのお三方に集まって頂いてー。」というと、民生さんが「除くなよ、だから。いるじゃないか、上にちゃんと」てな具合から始まっている。
この感じで、対談が進んで行くわけだから、とにかく笑える。

内容としては、今この年で、こうやってフェスに出ていることの気分とか、フェスでの曲目についてとか、自らがロックロックのようなイベントを行うことについてとか、スピッツの昔の話とか、バンドをやるということについてとか、多伎に亘っている。

自分としては、ジャパンフェスにも参加したし、買いの一冊だ。

■そして。こちらもロッキング、オンの雑誌である。前は隔月だったが、現在は月刊になったらしくて、ジャンルを問わず、国外国内を問わず、サブカルチャー情報を扱う雑誌で、フォトを中心とした質の高いビジュアル系な雑誌を目指したものらしい。対象は女の子なのかな。

こちらの雑誌にもROCK IN JAPAN FES.2006の特集が載っている。
スピッツはメンバー4人の写真が見開きで載っている。
ライブの直後だろうか、ライブのスタイルで汗だく。ライブの服がよく分かる。田村さんのT-シャツは胸にピンクのSPITZの文字があるんだけど、なんだろう。

右側に、今年の上半期、スピッツにとって最も印象深かった出来事とは?とか、簡単な質問と答えが4つ載っている。

■なんか9月2日ってあさってなのに、ライブは明日って勘違いしてるし~。
落ち着かないな。って、いつもが落ち着いた大人なふいんき(■ー■)な人間ではないから、まぁ、普段どおりな訳だが。。
長いのにここまできてくれてありがとでっした。

« スピッツ OFFICIAL WEB SITEからのお知らせ 多いね | トップページ | ロックロックこんにちは! in 泉大津フェニックス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も今日この2冊を買って
ながめてま~す。
写真大きくてすごくいい!!!

JAPANのほうのバックステージの写真に
テッちゃんもあるの見た?黄色いTシャツだよ。

Hのほうの田村さんの汗ダクTシャツ…
これって作ったっぽいよね。
ポリドールTの上に
双六のツアーTと同じようにエアーブラシで
SPITZのロゴ。

この写真4人ともすごくいい。
汗ダクなのに全然くずれてない!
上気した感じが伝わってさらにカッコいいね。

昨日のZeppは楽しそうだったね。
ハンカチおじさん見たかった。

土曜日のお天気から雨マークが消えたね。
きっと大丈夫!
準備ちゃんとして無事行ってきてね(^_^)/~

大阪から帰ってきました☆
楽しかったです!! USJ・海遊館・・。
そしてライブ♪ ケツメイシファンに圧倒されつつも、やっぱりスピッツはスピッツ☆。
すごいな・・いい!

2階席で見てたんだけど、ケツメイシファンも半分くらいいたかな。前のカップルがケツメイシ登場の前に「スミマセン・次、立ってもいいですか?スミマセン。」って。(立つと後ろが見えないから・)終わったあとは「スミマセンでした。」って。なんか感動・・。私、いままで勝手に立ってたなあ・・。

1曲目の♪スターゲイザー♪で歌詞飛ばししちゃったマサムネさんが最後にアカペラでその歌詞歌ってくれて・・。「うわあ!やっぱりマサムネさん好きだあ!!すごい!!」とまたまた感動でした。

昨夜は川口でオレンジレンジライブ。まあー若い・若い!!ほとんど中・高生??♪浮いて浮いて浮きまくる♪でした・笑・。

風獅子さん、明日ですね☆ 楽しんできてね☆

Yさん、ともちゃん、おっはー、って、もうお昼か。
来てくれてたんだ、ありがとぉー!

人のブログには結構入るんだけど、
自分のブログにもちゃんと入れよって感じだな。
ほんと、ありがとう。

どれどれ、てっちゃん~てっちゃん~、

おお、ホントダ!
いたいた、てっちゃんハッケソ!
てっちゃん、横向いて、口空けて何見てるんだろ。

ありがとー。見落としてた。

それにしても
BACK STAGEでみんな楽しそうだね。

Hの田村様のシャツは自作かもね、確かに。
なんか田村様がHみたいだね、こう書くと。

ともちゃん、おかえりんこっす。

3日間、楽しさ満喫、楽しさ二人締めって感じですな。
〆はオレンジレンジってのが凄いね。
体力温存できてた?オレンジレンジまで。
タオルぐるぐるしてきた?

ロックロックだとケツメイシのファンの人もawayって感じなのかな。

潤滑油的に働く言葉って、本来その言葉がなくても、
事は進行するだけに、なかなか言えそうで言えないよね。
めんどくさかったり、恥ずかしかったり、気がつかなかったり、いろいろで。

そんな言葉を発する時って、相手の事を一瞬でも思いやってるんだよね。

そしてそういう思いやり持てる人って、イイカンジな生き方が出来てる人達なんだろな。
よかったね、ステキな思い出一つ増えて。

明日は行ってまいります。

その前にロックロックの準備ってやつあるわけだが・・。
(=゚ω゚)う~ん、とりあえず後にまわそーー。
↑何度大変な思いをしていることか。
でも懲りないヤツ。

Yさーん、ともちゃん、またでっす。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/11705823

この記事へのトラックバック一覧です: ロックロックこんにちは!in ZEPP OSAKA と JAPAN 9月増刊号 と H←雑誌の名前です、と一応書く。:

« スピッツ OFFICIAL WEB SITEからのお知らせ 多いね | トップページ | ロックロックこんにちは! in 泉大津フェニックス »