2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 明日はいよいよ ロフト | トップページ | スピッツ on ROCK IN JAPAN FESTIVAL in ひたち海浜公園 »

2006-08-03

SHINJUKU LOFT 30TH ANNIVERSARY“ROCK OF AGES 2006”スピッツライブレポ~長いな~

■昨夜はロフト行って参りました。行ったんだったら、とっとと感想かけよな・・・ですよね。

「つったてて足痛い」とか「終わったら何タベヨ?」とか、「暑い、なんか飲みたい」とか、そんなこと全て忘れてしまう瞬間、それ以上に自分がロフトでみんなと一緒につったってることや、自分の存在すら認識しない瞬間が降臨しましたよ(ヽ(`Д´)ノ;;こら~チミのいいたいことが、マジ解るぞぉ。ボケたんじゃネーゾ)。

曲とマサムネさんの声に持っていかれてましたヨ。

みんなでワッショイ盛り上がる系より、ホール的な聴かせてくれますね状態が強いライブだったと思う。

■スピトモ3人とおこちゃまの計5人で参戦。が、自分は今回戦闘意欲が皆無で、チケの番号も150番台。各番号2~3名はいるので、一番オケツ。呼ばれ方も、最後なんで、それ以外の人~でしたよ。

「あの柱切りてぇー」「透明の素材開発しろ~」といつも思う柱。その後ろの、一段高くなったところで、スピトモにくっついて見てました。

順番、この前はいきなりモタワでびっくりだったけど、今回はTHE GROOVERS>  The ピーズ>スピッツの順だった。

THE GROOVERSのボーカルでリードギターの藤井さんの声と、タメのある、時にブルース調のギターが会場に流れまくってた。いいな。フィードバックももの凄くかっこよく決まってた。MCはスピッツのことからめてくるし。スピッツとは長いつきあいらしい。レーベルメイトの時もあったと。エロビデオ見たときの状況なんぞお話しされていた。スピファンにとってはウレシイプレゼントだった。

The ピーズは初めてだったけど、聴いててとても楽しい気分になれるバンドだった。MCが、おばかっぽくって、そう言うの大好きな(=゚ω゚)にピッタシ。ギターがファンキーで、毎回のフレーズは似通ってるけど、うまくてリキはいってって、好きな感じのフレーズなので、楽しかった。ただ音があんまり楽しくない、というか目立たない音。ストラト使ってるからかな。フルアコとかならもっと楽しいのかな。よくわからないけど、曲に華そえるギターのソロの音が曲にめりこんでいたのが残念だった。

■「まさむねさーん」「たむらー」の雑踏のなか、スローテンポのアルベッジョが。。。な、なんだろ?。スローテンポだな~。ドキドキ。

「もえるようなアバンチュールうすいむねをーこがすー・・・」とゆっくり、伸びる美しい声が入ってきましたよ。

おおお、いきなり俺すべ。出だしにビックリした。かっこいい。ライブ終わりかと思いつつ、始まる俺すべ。マサムネさんが「もえるよーな」と歌い出したときから持ってかれましたね。私も周りも。

■「俺のすべて」の後は>青い車>みそか>魔法のコトバ(キター!!)>正夢>チェリー>恋のうた(キター!!!)>8823(キター!!)メモリーズカスタム>スターゲイザー>けもの道

服装は・・ハイ、服は着てました・・・って、感じでよく見えなかったけど、マサムネさんが白のT-シャツで胸のところにグリーンの四つ葉がはいっているもののうえに、白いシャツを羽織ってた。そして黒のリストバンド。田村殿は黒で光る色はいったT-シャツ。てっちゃんは帽子かぶって、これまた焦げ茶?系の胸が田村殿よりもう少しあいているやつ。サキちゃんは見えない。クージーも帽子をかぶっていたようだけど見えない。

とにかく、田村殿とマサムネさん意外は見えなかった。このお二人にしても上半身のみ。市松模様のステージ、ちょっと低いよな。

「魔法のコトバ」 ロフトだからやらないんと違うかな、って思っていたけど、聴けた。歌謡曲だ(メル友も同意見・・)、、だが、だが、好きだ(メルともも同じ状態)。最初はやっぱキーボだった。

「8823」 マサムネさんのギター凄い伸びてて、なってって、かっこよかった。おこちゃまが「マサムネ、ギターうまくなったんじゃない」って。御子よ、まず、「さん」をつけなされ「さん」を。「マサムネさんはうまいんよ、もとから」「PAがよかったってことじゃない」の終了後の会話。8823、凄い好物なのでうれしかった。

「正夢」 涙腺にしまりのないおばさんになってしまうから困る。でもあまったれの時のような背景のへんな生物がいないから、こらえられたぞ。なぜか意味もなくこの曲には弱い自分。

「スターゲイザー」 これまた何故かPVが浮かぶ。雨の中をマサムネさんが・・。田村さんの座ってベース弾いてる姿とか。タバコを吸ってる人が多かったせいか、声がいつもより早めのかすれ気味?でもこのちょっとかすれた感じがこれまたいいのよね。

「メモカスやもろもろ」だめだ。手が勝手に動いてしまう。オマエはパブロフの犬か。

「けもの道」 ううう、、アンコールにけものみち。泣ける。歌舞伎町の日の出すごいキレイだな。ほんとうか。まあ、きれいだろな、歌舞伎町でも・・。
・・・なんだけど、そこはいいのだけど、もう、曲に入ってしまったの?の感じ。残念。
田村様のベース聴きたかった。逆なでするような、挑発ぎみの、不快音はいったベース。会場を裂くやつ。あれがないと、けもの道は満足できない。・・・が、田村様のスバラシイ動きに結構満足してしまった。

「恋のうた」 ロフトだったから聴けてもうけたぞって感じだった。

■MCは少なめだったけど、相変わらずマッタリおもしろい。

スピッツは歌謡曲にヘビメタが混じった感じだとマサムネ氏がおっしゃられていた。
挨拶風のコトバが途切れると、イエイーとかオーノーとかちょっと入れてウケテタ。

恋のうたは、THE GROOVERSや The ピーズのようなロック系では太刀打ちできないと方向転換した曲でしたと。

THE GROOVERSの藤井さんの話で、スピッツとホテルで、エロビデオ鑑賞するのに、コインが必要だったけど、コインの代わりにギターの弦をいれて試したら、その階の電源が落ちてしまったらしいというのがあったが、その弦いれた人がテッチャンってことだった。
これを、マサムネさんが田村と訂正((=゚ω゚);OHHHH!NO!!)。みんなで体育座りしてビデオ鑑賞のひとときを過ごしたもよう。

■スピッツのリストバンド買って、何故かThe ピーズの蝉のT-シャツ買って戻ってきました。
長くやって、どこかで絡みをもってる3バンドの歴史の重みがどっしり感じられた夜だった。
スピッツはライブがもの凄くステキだ。というとどのバンドもそうじゃないのって言われそうだけど、明らかに逆っていうバンドも自分的にはある。行かなきゃヨカッタっていうやつ。

お金と時間と体力を叩いてまいりましょう、スピッツのライブに。その何倍もおつりが帰ってくることマチガイナシのバンドだと自分では思っている。幸せな夜だった。

« 明日はいよいよ ロフト | トップページ | スピッツ on ROCK IN JAPAN FESTIVAL in ひたち海浜公園 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

夢か幻か…っていうライブを見られて
ほんとに幸せだった!
小さなステージにギュッと詰まったスピッツ、
他では見られないよね。

それぞれ夏イベの計画はバラバラだけど
ここは一緒に見られてよかったよ~。
宝物がふえたね。

そうだ。
テッちゃんせっかく帽子とって見せてくれたのに
それが見えなかった!残念。
みんなの反応が予想と違ってた…って言ってたけど、
どんなの想像してたんだろう、全然わからん。

明日からの暑いライブ、気をつけて行ってらっしゃい!

ホントに夢のようなひと時でしたね!
ロフトのスピッツに会えるなんて…
不覚にも♪もえるようなアバンチュール♪で
脳内失神状態…涙・なみだ・じわぁ~
理屈はない。やっぱり好きだぁ

ロフト楽しかった!いろいろありがとぉー。
やっぱ、楽しい体験を共有すると、更に楽しさが増すよね。いろいろ話せるし。


って、今何時だ。まじ寝坊した>@<;;;。
ちょっくらいって来るね。

Yさん、今日メイデンの結果くるの。。ヨロシクお願いいたしあす。いつもごめんね。

smitzさん、明日はよろしくでっす。会場のかんじ、後でメールしまする。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/11244689

この記事へのトラックバック一覧です: SHINJUKU LOFT 30TH ANNIVERSARY“ROCK OF AGES 2006”スピッツライブレポ~長いな~:

» 2大特典つき前売予約、受付開始! [Theピーズカーニバル”とりあえずここはいい気持ち”]
いよいよTheピーズカーニバルまであと一ヶ月を切ってしまいました。 みて~よ!いきて~よ!酒飲みて~よ!一緒にグダりて~よ! という生粋のピーズ好きのあなた!そぅ、あなた! あなたの為にお気軽にチケットが予約・購入できるようになりましたので ぜひぜひこちらのチケ..... [続きを読む]

« 明日はいよいよ ロフト | トップページ | スピッツ on ROCK IN JAPAN FESTIVAL in ひたち海浜公園 »