2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロックロックこんにちは!in ZEPP OSAKA と JAPAN 9月増刊号 と H←雑誌の名前です、と一応書く。 | トップページ | マサムネさん on KREVAの日 »

2006-09-04

ロックロックこんにちは! in 泉大津フェニックス

興奮でみんなが手を高く上げる。その手の間を渡る海風。パイレーツの旗がなびく。
照りつける太陽、海と対峙する青空、刻一刻と形を変える雲、明るい中を上ってくる上弦の月。そんな自然に抱かれつつも、逞しい熱気ある音楽空間が広がっていた。
まさに、う~~ん、マンダムの世界。

(=゚ω゚)は、マジに海賊祭り?そのものに感動してしまった。グス。こんな機会を与えてくれたスピッツに感謝だな。ファンやっててよかった、というか、言葉がタリンぞ、そうだ、丸儲けだな。って、ニュアンス下がってるぞっと。
とにかくすばらしいお祭りだった。

9月2日。

(=゚ω゚)の朝は早い。
・・・わけがない。
東京発9時台の新幹線で大阪へ出発。
・・・する予定だったが、数本乗り遅れる。
10時3分ののぞみ。
いつもこんなだから、とりたててどうってことはないのだけど・・
ただな、ぎりぎり飛び乗ったので、朝ご飯の駅弁が買えなかった。
「車内販売のかわいいおねーちゃん、早くきてくださいー餓死もどき状態なんだぁ」。
かわいくなくてもいいけど、とにかく早く来てー欲しいな訳だが、なかなか売りにきてくれなかった。
やっと買えて、食べて、脳みそ(=゚ω゚)シャキリン。

そのシャッキリン脳みそで考える。
この時間だと、今日のライブで出演が予定されている8組の1.5組が見れないぞ。
まあ、早起きできないヤツだから仕方ないとしても、誰がみられないだろー。

(=゚ω゚)はスピッツじゃヤダ。子供はジェイクさんじゃヤダと。
まあ、ヤダといってもどうしようもない訳だが、いきなりスピッツはないだろうし、いきなりウクレレはないだろ。

東京から新大阪まで新幹線で2時間37分、新大阪から「なんば」まで、地下鉄御堂筋線で15分、なんばから泉大津まで南海本線空港行きの急行で19分、その後用意されてるシャトルに乗り込み20分、やっと大阪湾少しずつ今なお埋め立て中、地球温暖化で、まっさきに沈んでもいいとも~って感じの海に突き出ている、泉大津フェニックスに着く。

右手の手の甲でいえば、親指から付け根を廻って人差し指に移動、中指と薬指の先から会場に入る。ステージは手首側。簡易トイレが人差し指のところにいっぱい。手の回りを出店や関係者のテントがグルリと囲んでいるといった感じだ。

ステージは左右にスクリーンがあるもので、ジャパンフェスのと似ている。ただ、ステージが左右にのびているところに大砲が何基もあって、かがり火を焚くところもあり、ステージの上はどくろの旗が何本も。海賊船だ。

■フ~着いたぞっと。着いた時には当然もうライブは始まっている。バスから降り歩き出すと親指の付け根くらいのところから、まだ会場に入っていないのだけど、スクリーンが見える。演奏が聞こえる。

うーどっちか解らない。8組の演奏者のなかで、お恥ずかしいことに曲をしっかり聴いたことのないのが、真心ブラザーズと吉井さん、吉井さんのはCDシングル一枚あるのみ。イケメンだったら吉井さん、ちょこっとイケナイメンだったら真心のYOさんと思っていたのだけど、その差は紙一重だし、イケルようにもイケナイようにも見える。判断できずに会場にはいる。

真心ブラザーズ>吉井和哉>ジェイク・シマブクロ>レミオロメン>KREVA>Mr.Childen>奥田民生>SPITZ guest PUFFYの順。ナビゲーターは越前屋俵太。

吉井さんの途中に着いた模様。トイレに並んで、会場の配置を理解している内に吉井さんが終わってしまった。なんと勿体ないことを・・・。

大阪の友達がPAのテント脇にシートを敷いてライブ楽しんでたので、そこに居候して、ジェイクさんとレミオロメンを聴く。

■なんかジェイクさん、人の良いお兄さんって感じだと思ったらグラサンしてカッコイイ男に変身していた。
ジョージ・ハリスンの  ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウイープスがウクレレの透明なしつこくない澄んだ響きで会場に流れた時には、海と空が広がりましたよ。これだけ聴けただけでもここまで来た甲斐があったというもんだ。そしてNY在住の女性シンガー、ジェニファー・ペリって人だと思うけど、ウィッシュ・オン・マイ・スターを歌う。映画フラガールのサントラとしてらしい。なかなかよかった。
一緒にいた友達が、英語うまいね~って。気取った日本人だと思ってたらしい。これに凄くウケテこれまた楽しかった。

■そして次にレミオロメン。レミオロメンのセトリは   南風> 1-2 Love Forever >雨上がり>3月9日>粉雪>明日に架かる橋 >スタンドバイミー>太陽の下らしい。自分は子供がライブでやった南風、夫がライブでやった3月9日、そして粉雪、友達に録画頼まれて見たときに印象に残った、雨上がり、スタンドバイミーしか解りませんでしたぞ。で、セトリはカンニング。

レミオロメンは去年1回ライブ見たことがあるけど、なんか藤巻さんの歌が、異常にうまくなっていると思ったら、友達がこの人、歌うまくなってるよねって言ってきたので、うっはー一緒のこと感じてるってビックリした。この人の声って癒されるな。南風なんてモロ歌謡曲チックだけど、ホント聴いてて楽しい。癒し声と聴かせるメロディー。似たタイプなのかな。

そしてサポートのつるつるのキーボの人、ジャパンフェスで175Rとメレンゲ弾いた人だよな。ジャパンフェスの時、ツルツルの頭がお日様に照り映えて、高温になってると思われるのに、もの凄く激しく動いて弾いていたから、その姿に結構感動してしまった人だ。

Bのシートゾーンの人もみんな強制ではなく立ち上がってのりにのっていた。

■そして40分のブレークタイムに入る。ロックロックのグッズの会場販売の列に並ぼうとしたけど、進行遅いし無理。かき氷でも食べよう。
テントのロープに結んであった風船が青い空に飛んでいく。途中まではゆっくり上昇、その後もの凄い早さで上昇。多分気流にのったんだな。持ってきた双眼鏡で、かき氷食べながらずーと追いかけた。突然消失。割れたな。楽しい人生だったのかな。
で、トイレへ。凄い並びだ。トイレから柵までの列が何本も出来ている。奥の列に並ぶためには、手前の列を何本も横切りらなくてはならず大変だったゾ。

ふ~やっとトイレの個室へ。と思ったらKREVAさんの演奏が始まる。と、なななななんと、チェリーっぽいのが聞こえる?、そしてマサムネさんの声みたいな感じのも・・。ナンナンダ~この状況。やっと安住の地に辿りついたのに、すぐに安住の地を放棄して会場へ。

たぶん、サキちゃん以外のスピッツのメンバーがボーダーのシャツ来てステージに登場していた。が、小さくて・・わからない。KREVAとマサムネさんが掛け合って歌っていた。

KREVAさんは去年の大阪城ホールでのロックロックこんにちは!の時、今一スタンドの前のノリが悪くて、「今に見ていろ見返してヤル」みたいなこといってたな。野外で聴いたけど、音がよくてノリも良くて、去年より数段よかった。

会場の真ん中くらいの所に後ろ用のスピーカーが設置してあって、前から直接来る音とスピーカーからの音が、会場が広いだけに微妙にずれる。それがまた楽しい。そして海風が結構吹いていたせいか、音が時々歪む。これも野外ならではの楽しさだ。

マサムネさんの登場もあって、みんなステージに集中。ロックロックのグッズの会場売りのお店の列が短くなる。並んだが、タオルとかどくろの黒のSサイズのシャツとか、欲しいのがしっかり売り切れてて残念だった。

■お店で買い物の後はスタンディングへ移動。なんかごちゃごちゃで流れがよく分からないが、Aゾーンの真ん中まで移動。

ミスチルが始まる。セトリは、未来> innocent world>ほころび> Sign>ストレンジカメレオン>終わりなき旅>Worlds end>帚星だそうで、これも他のサイトからのカンニングである。

でもな、楽しかったのだ。何がかって。周りにミスチルファンが多くて、曲名を言ってくれるし、曲に合わせて大合唱になるし、手拍子、ジャンプ。桜井さんのMCに応えまくるし。自分の前が身長が180センチくらいある男の人で、ステージがチラ見しかできなかったが、なんか無性に楽しかった。
桜井さんはピンクのシャツでに黒の上下。ちょうど日が沈む時間で、日に映えて美しいかった。カメラがスクリーンに日没の最高のシーンを映し出し、ほんと気分が盛り上がった。

桜井さんの声って、なんか窓ガラスとか黒板を爪でひっかいたような、なんか神経にビビビってくる音が混じっているけど、それが逆に凄くハマル声になるんだな。あんまりミスチル聴かない自分だが、良さが理解できた。そして「終わりなき旅」、聞き惚れてしまった。

■次は奥田民生さんだ。これがな~ポジション的に辛かった。ミスチル終わって出る人と、たぶんスピッツのキープか民生さん聴きたいで、なかに突入する人で、ごっちゃごちゃ。結果として、Aゾーンの真ん中の柵の手前まで押されたんだけど、足下にスーツケースとかバッグとかあって、酷く押されるが、踏みたくないので、よけようとすると不自然なカッコで倒れそうだし、とても㍉㍉。みんな荷物踏みまくっていた。バッグとかの中身を想像すると恐ろしい。多分いろいろなものが粉々だろうな。

立ってる姿勢は、凄く押されて、足場が荷物で凄くきつかったけど、民生さんの演奏最高によかった。今年3回目の民生さん。その3回の中では、一番好きだな。たぶんお酒の入り具合が適量でバッチリなのかな。大抵の人間はお酒を飲むと、集中力とか思考力とか減ってくるらしいが、中には僅かながら、上向きになって、その後減り出す人間がいるらしい。そのピークがきたのだろうか。それにしても聴く度に奥田民生にハマッテいく自分がわかる。そのうち買いだすな、CD。行き出すな、ライブ。マズイナ、これ以上増やすと大変だ。

やっぱり、ウイスキーとキーボードについてるドラムマシーンを従えていた。
今回のアコギは、一台は仙台の時と同じだけどもう一台はちょっと新しいピックガードが白っぽいやつ。セットリストは愛のために>渚にまつわるエトセトラ>MANY>雪が降る町>CUSTOM >働く男>さすらい>イージュー・ライダー。

雪が降る町もう最高。CUSTOMも。働く男も。さすらいもって全部書いてしまな、これじゃ。さすらい、イージュー・ライダーは大合唱だった。

奥田民生さんのMCはいつもウケル。なんか出て来た時、こういう形ですので、みなさんも適当にしてていただければ~とかなんとか。曲が終わったかなと思ったら大きな拍手を、そうすればちゃんとした感じに見えるようなこと言ってた。

自分がミスチルとスピッツの間で演奏することに対して、どうしてこのタイミングなのか、ミスチルもスピッツも機材が多いから~セッティングに時間がかかるからと、そして自分らのチームは6人であるといっていた。

働く男うたいながら、ちょっと間のあくところで、知ってる?知ってる?って聴くのがおかしくてバカウケ。

さらに渚にまつわる~の最後の所がずれて会場大笑い。

ホント楽しかったし、すばらしかった。

■ああ、スピッツのライブレポなのに、違うこと書きすぎてるな。

スピッツ登場。マサムネさんはブルーのシャツに白のシャツ、黒の皮のペンダントの紐がみえる。ブルーのジーンズ。てっちゃんは又同じく、黒黒。田村さまが・・文字がプリントされたシャツにブルーのジーンズ。クージはノースリーブ。サキちゃんが見えない。
ちなみにアンコールの時は、マサムネさんがグリーンのどくろ柄のグッズのシャツ、てっちゃんが海賊柄の白、田村様がスピッツのシャツ、後が見えない。

セトリは、俺のすべて>けもの道>青い車>魔法のコトバ>正夢>インディゴ地平線>恋のうた>PUFFY登場Tokyo I'm on my way(スピッツの演奏)>愛のしるし(スピッツの演奏)>みそか>8823>スターゲイザー>(アンコール)空も飛べるはず

もう凄かった。マサムネさん声、全開。のびと艶と迫力、どれをとってもすばらしかった。辺りは暗い。暗闇のむこうまで果てしなく続いていそうな人の海に響き渡り、行き渡っていった。マサムネさんの歌は何度聴いたことだろう。でも、初めて聴いた時のような感動に襲われた。初期に戻ってマサムネさんに痺れてしまった。

田村様のベースも響きまくっていた。けものも挿入のところ低い音が多かったけど、凄い迫力だった。田村様だけでなく、スピッツだけでなく、会場に響く音が凄くいいのだ。当然広い会場だから後ろと前のずれ、風でのひずみは出てくるけど、それが総て迫力に繋がるすばらしさだった。

ロックロックこんにちは!は10年前に当初700人くらいで始まったそうだ。それがなんと今回の2万人のロックロックに。

マサムネさんは最初のMCで感動したと・・。その後自分の歌にではなくてって、断りちょこっといれてるのがプチ受けした。

そしてミスチル見て、きょうは俺もちょっとは動かなくてはと思って、端までいったらはあはあと息切れしてしまって、今度は民生さん見たらあんまり動かなくていいのかと思ったみたいなこと宣われていたな。

PUFFYはデビューして10年。ロックロックと同じだ。今度東大寺でライブをやるらしい。そこでマサムネさんにお誘いを。見るだけじゃ~無くてって感じで。マサムネさんが返答にまごついていると、てっちゃんが、みんな固唾を飲んで、マサムネの動向を気にしているねみたいなこと言って、その後、自分がしゃべるとどうしてシーンとするのか・・みたいなこと仰せられとりますた。

さらに、マサムネさんは、PUFFYのこと紹介するのに今日の出演者は男ばっかりでとか言ってしまったことのちょこっと反省の弁を。会場クスクス。

最後は空飛び。そしてTHE END.

と思ったら、大砲が打たれて、テープが飛び出す。また今年もゲットしましたぞ。

そして再びお仕舞いかなと思ったら、花火がいっぱい広い空に打ち上がる。
かなり迫力があって、しばらく南の空いっぱいの花と光。

もうみんな感動で拍手したり、叫んだり。

本当に幸せな一夜だった。感動の一夜だった。
スピッツというバンドに対して、感謝の気持ちでいっぱいになった夜でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いい加減に打ち込んだら、長いな。ここまで読んでくれた方本当にありがとう。
(=゚ω゚)はその後、夜中に梅田駅からちょこっとのホテルにチェックイン。

頼んでおいた翌日の朝ご飯パスして、翌日も寝坊。昼前に起きて、途中に境って駅があったことを思い出して、教科書には必ず載ってる前方後円墳を見に行く。さらに大阪歴史博物館に5時まで居着く。午後11時頃に東京に無事に戻りマスタ。なんかコイ二日間だったな。

ただ思うのはって、もう長いんだから何にも思うなよって感じだけど、ステージってもっと高くならないんだろうか。ボンジョビとかローリングストーズのライブ見に行ったけど、ステージかなり高かった。みんな見えないから前へいこうとするけど、ステージ高かったら、見えるから、前があんなにヒドイ状態にはならないのではって思ってしまう。スピッツの身長なんとかしてください、ってのも有るけど、それは㍉だしな~。

スタンディングのスペースが狭いのもコワイ。ギュウギュウの中で、荷物と人とシートが入れ混じるから、なんか凄かった。

ライブレポ遅くて、何度か覗いてくれた人いたらゴメンサイなのだ。

なんかなぁ~(=゚ω゚)のこと、凄くヒマジンに思ってる人がいるけど。。うーん。。

凄い洞察力、マサにそのとおりナノダ。

ただ、よそ事の方が楽しいとそっちにひっぱられる単細胞なヤツなのだ、ユルしてちょ。

« ロックロックこんにちは!in ZEPP OSAKA と JAPAN 9月増刊号 と H←雑誌の名前です、と一応書く。 | トップページ | マサムネさん on KREVAの日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

風獅子さんのレポ、いつも楽しみにしてます。
感じたことをここまでうまく文章にして伝えることが出来るってスゴイよ!! 尊敬です。

今年の夏イベ、無事に終わって、みんなも楽しめて本当によかったね☆

また遊ぼうねーーー♪

海賊祭り…最高の夏の想い出だね!

やっぱり時間をかけて
空間を越えてやってきた者だけに与えられる
喜びってのがすごい伝わる、そしてうらやまし~!

そこにいなければわからない熱、光、風の匂い、
空の色、音、そして歌声。

よかったね~。

でも私にはたとえ10年前でも20年前でも
そのギュウギュウに耐えられそうもなくて
その強靭な体力が何よりいいなぁ。

しかも前方後円墳だもんねw
恐れ入りました!

うわっ。伝わってきます。
あ~この雰囲気、その場で味わえたら幸せですよね~。
屋外ならではの空気もありますしね。
贅沢な時間ですね。
レポのお陰でこの贅沢ちょっと分けていただきました♪

おお、またやっちまった!みんな来てくれてたんだ。ありがとぉー。

ホント、今年の夏イベ、
それぞれが、それぞれの楽しみかたできて、本当によかったよね。

中でも、ともちゃんは、めいっぱいの楽しみ方だったね。
オレンジレンジで〆るなんて・・なかなかだよね。まねできまシェン。


ライブのレポ、感じた事をそのまま書いちゃってるのは、まあいいんだけど、気がつくと凄く長くなってる。もっとまとめろヤイって感じだよね。
でも短くまとめようとすると、時間がかかってしまってだめなんだよね。

適当にポイしながら、読んでください。読んでくれるだけでありがたいっす。


Yさんも引っ張っていきたかったYO!
泉大津。気持ちイかった。

Yさんは知力で勝負、(=゚ω゚)は体力で勝負だからな。致し方ないけど・・。

前方後円墳、堺市の豪華でバブリーな市役所の21階から、見ることができるんだ。
だからラクチンなの。


上から見ないと形がわからないもんね。
でもね、なんか夏で木々がもっこり膨らんでて、どっちが方だよ、どっちが円だよって感じだった。変形だんご2兄弟みたいな感じでね。

ここからの眺め結構よくて、淡路島とか大橋とか神戸港とかみえちゃうの。

古墳の方は3壕のうち、最初の壕の中しか入れないんだ。

歴史博物館の方は、上から大阪城脇の、なにわの都の跡が見られてかなりおもしろかった。

もう夏も終わりだね~。
秋もどうぞよろしくです~。
お世話してください!

lunalunaさん
覗いてくださってありがとーござります。
泉大津楽しかったっす。

lunalunaさんも、日本内外を問わず、行く先々で勢力的に食べてるし、夏満喫って感じですよね。
マイフォト開いたら、食べ物の写真イパーイ。

凄え!コイツ、よく食うヤツだなーって
ミス(この文章ポイ。。。。ゴミ箱。。。。>□、
ついでに(=゚ω゚)←失礼なコヤツもポイだな~)

こよなく食を愛し、食に通じていらっしゃる
方だなと感心致しております。

それにしてもOL姿を拝見出来なかったのが・・
(=゚ω゚)b<イツカミテヤル
↑なんか、オバサン化しないで、オジサン化してるぞ。やばいな。

それではまた~。

ホントに楽しいレポをありがと!
とっても楽しみで、お察しの通り
何度も覗いてました3日、4日…
まだかなまだかな~
8月一ヶ月お休みしていたから、お仕事
超疲れてバタンキュー(古い!)
今日、やっとお休みでゆっくり出来たので
5日ぶりにPC開いただす。

やっぱり行けば良かったと
いつもいつも思う。
久しぶりに仕事して
また、辞めたい病にかかりそう!

こんな時こそのスピッツなのにネ
風ちゃんのパワーを
おじば(おじさんおばさん)化している私に!

smitzさん、ちはです。

ジャパンフェス暑かったけど、楽しかったね。
なんか今頃ドバァーと光景が蘇ってきますぞ。
スカパーでまた楽しもうね。

泉大津もかなり楽しかった。
ほんと、一緒に行けたらよかったよね。

一ヶ月の長い休みの後の仕事か。
キツソー。
(=゚ω゚)には㍉。
パフェクトな㍉。

辞めたい病は慢性の病だけど
こういう時が一番悪化するよね。

おじさんパワーしか送れないけど・・
そしてかなり月並だけど
ガンバ!!してください。

って、もとからガンバな人だから
客観的に見たら
(=゚ω゚)←オメーが言うなよって感じだな。

近場の楽しいライブ行きたいですね。
いつも感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/11762886

この記事へのトラックバック一覧です: ロックロックこんにちは! in 泉大津フェニックス:

» 【LIVE】ロックロックこんにちは!ver.10 泉大津フェニックス [まん感全席]
ロックロックこんにちは! 10th ANNIVERSARY SPECIAL Ver.パイレーツ・オブ・10リビアン 出演:奥田民生、KREVA、ジェイク・シマブクロ、SPITZ、    真心ブラザーズ、Mr.Children、吉井和哉、レミオロメン ゲスト:PUFFY ウルトラホストナビゲーター:越前屋俵太 ....... [続きを読む]

» 夏フェス特集~ロックロックこんにちは!に行ってきました~ [uretenblog]
こんばんは#63647;9月になりましたね#63915;少しづつ秋の感じになっていくのが寂しいパーコでございます。 さて!パーコは金・土曜日とライブ三昧でございました#63914; 完全燃焼#63905;燃え尽き症候群になりかけてます#63905; 「サイコーに楽..... [続きを読む]

» com del antivirus de los housecalls de www [com del antivirus de los housecalls de www]
el centro que aprende manguera del jard匤 de la bobina flores de la venta dieta par... [続きを読む]

» comunicare oggi [comunicare oggi]
diamante imm affitto it depurazione acqua industriale comunicare evento don t look back a... [続きを読む]

« ロックロックこんにちは!in ZEPP OSAKA と JAPAN 9月増刊号 と H←雑誌の名前です、と一応書く。 | トップページ | マサムネさん on KREVAの日 »