2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 草野マサムネモデルギター 詳細キター | トップページ | 書かずにいられない・・特にこれといったことではないのだけど・・ »

2007-09-21

JAPAN  2007年 10月号はめくってもめくってもスピッツだ!

(=゚ω゚)b 雑誌いぱーいでますね。
今日発売のロッキング・オン・ジャパン、読み応えありました。
おこられない程度にちょこっと書くのだ。

■↓ スピッツのHPからコピペ

9/14 CDでーた
9/14 WHAT'S in?
9/15 TV Japan
9/20 *ロッキング・オン・ジャパン 10月号 (表紙)
   http://www.rock-net.jp/japan/index.html#nextl
9/20 Music UP's
9/22 月刊ザテレビジョン
9/22 B.L.T.
9/24 COOL TRANCE
9/25 スカイパーフェクTV!ガイド
9/25 ClubiT
9/25 JCNケーブルTVガイド
9/25 e2 byスカパー!TVガイド
9/29 *「Talking Rock! 」003 (表紙)
   http://talkingrock.buzzlog.jp/

.

9/14 CDでーた 500円 表紙ゆず

Pict0123_2

2ページ、見開きで
って、あたりまえか。
見開きでなければ読みづらいだろ。
写真大きいから、マサムネさんとかの左半分とかが左ページの隅に、
で、めくって、次の右ページの一番右のところから体の残り半分とか。
それじゃ、見づらいよな、インパクトはあるけど。

上5分の4位写真。写真の左に「さざなみCD」のスピッツによる短いライナーノーツ。下5分の4がインタビューを交えた解説。

文担当の森朋之さんは、「さざなみCD」を貫いているのは未来へ向かっていこうとする意志で、それがこの作品の心地よい高揚感に繋がっていると書かれている。なんか解るな、この感じ。
写真は黄土、茶がベースの落ち着いた感じだ。

.

9/14 WHAT''s IN? 440円  表紙アヴリル・ラヴィーン&YUI

Pict0122 スピッツのHP、S大文字 in 小文字にしてるけど、逆なんだぁと初めて気が付く。

P60,61の見開き。
右ページは6分の5が写真。下は文。写真はスピッツのHPのPROFILEと同じものだ。
左ページは大方が文で、左上に普通サイズの写真。オンラインに入るところのヤツ。
ヤツって誰だよ・・。やつじゃなくてもの。

左ページの下はやっぱりセルフライナーノーツ。ちょっとCDデータよりは長めだ。

2ページだけど、読んでてナカナカ楽しい。セルフライナノーツ、オモシロイ。

インタビューの中で、田村さんの、今の夜は暗いから、(って、夜じゃない、夜はいつでもくらいだろ、どうして変換求めてないのから出るのか・・)世は暗いから、明るい歌、歌いたいっていってなかった?みたいな話しに、マサムネさんが、うん。で、いろいろ言ったあと、「ノー フューチャーって歌えないですよね。歌いたくないというか、歌っても盛り上がれない。フューチャーはある、って信じてもいいかな、くらいな歌を歌いたい」とか言ってらっしゃる。

.

■いろんな雑誌のいろんな、インタビューを読んで感じる、モヤーとした感じ。なんだろう、このAなんだけど、Aじゃないような感じ。物事になんでも0.7掛したような、っていうか0.7423・・メチャクチャ・・・永遠に続く感じの数をかけたような・・、そんなスピッツの実在。

でもなぁ~、そんな漠然とした存在が、実は妙に堂々として、堅実な、確たるものに感じられてしまうんだなぁ。インタビュー読んでてとても感じるし、この頃富みにそんな感じを持ってしまう。確たる漠然。確かな曖昧。矛盾を昇華させるスピッツ。

メンバーも然りだよな。

弱そで強そうなマサムネさん。滑りまくりでカッコ悪そで、カッコよさげなてっちゃん。こわそでやさしそうなサキちゃん。ストイックそうで、・・ふむむ・・な田村様。

.

■9/15 TV Japan 

一ページの半分の記事だった。
いろんなところで読んだことだったので買ってこなかった。
(=゚ω゚)のこと、ケチと呼んでください。

.

■9/20 ロッキング・オン・ジャパン 10月号 (表紙) 550円

Pict0121

もうもこれは凄い!!!表紙、
そして42ページから73ページまで、32ページぜーんぶスピッツ。
ページめくってもめくってもスピッツ!!有る意味金太郎飴状態!!
うれしいじゃあーりませんか。

「おめでとう!20周年!
そして新作『さざなみCD』完成!!
2年8ヶ月ぶりのスピッツ表紙巻頭特集!!!」

というものだ。

フォトタップリ。
マサムネさんのインタビューたっぷり。
そして他のメンバーのインタビューも6ページも!!

凄い読み応えあるし
いろんな所で断片的に語られている情報も繋がるし
写真もいぱーい。

もうもうもうもう
・・・ニュージーランドの羊の数と同じくらい続く予定。
続けてみろよといわれれば、㍉。

これはもう買いでしょう。
スピッツファンならこれを買わずに何を買う。。

このページに来てくれてる人はたぶん買う人多いだろうから
内容は書かないでおこう。
理由は簡単。
(=゚ω゚)のまとめ能力の低さがばれるから・・ヤバイおます。

ただ、マサムネさんの声が高くなってるという感じは
ライブで持ったことはないなぁ。
濃く、逞しくなってるとは思う。
きっと、それが高くなってるように聞こえるのかもしれない。

.

■オマケにこれも書いちゃえ。

群青のキャンペーンだけど
8/15(水) 「BENT MAGAZINE」表紙 0円。

Pict0124 祝!! スピッツ結成20周年と称して
5枚。
フォトが、自然体ではなくて、
はい!撮りますよって感じで
パスポートの写真とるようにカメラ目線バッチリなので
メンバーの顔のみしげしげみるにはいいかもな感じだ。
服装は、群青のキャンペーンで
8月3日に日本テレビ系「音楽戦士 -MUSIC FIGHTER-」に
出た時と同じ。てっちゃんはベスト羽織ってるけど・・。

20年前の自分を一言でいうと、という質問に対して
てっちゃん>「貧相だった」って。

てっちゃん今の偏差値高いから
今に比べて貧相ということであれば
(=゚ω゚)b ふつーだな。
裸にサロペットとかは確かに貧相を肯定できるが。

マサムネさんが、クレバさんと一緒にやったりして
改めてスピッツはホームだなって感じたって。
帰る場所があるって幸せだなって述べてらっしゃる。

■それにしても「さざなみCD」どんなだろう。。

ジャパンの中で、一回で撮ったのではなくて、結構時間をおいた4回に分けて、録音しているようなことを述べている。
だから大選挙区みたいに、一回で上から13みたいな感じで曲選びをしたのではなくて、小選挙区みたいに、その一回一回の録音で、適しているやつを選んで収録したみたいだ。
だからその時の環境とか異なっているから、それもアルバムにバリエーションを与えたのでは、みたいな事をのべられている。
本読んで、アルバムが益々楽しみになる今日この頃だ!

« 草野マサムネモデルギター 詳細キター | トップページ | 書かずにいられない・・特にこれといったことではないのだけど・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/16517595

この記事へのトラックバック一覧です: JAPAN  2007年 10月号はめくってもめくってもスピッツだ!:

« 草野マサムネモデルギター 詳細キター | トップページ | 書かずにいられない・・特にこれといったことではないのだけど・・ »