2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の4件の記事

2007-10-27

P 

■今日はPCでビンテージの一般、ガンバッテみますた。

ぴあの方は各会場に入るところで・・・集中・・あとで入ってねのページ。

イープラスは3分の段階で、東京にはいれますた。
(ノ`∀´)ノ ひゃっほい!!
1日目が終了、2日目が△。
IDとパスワードはよ入れろ!。

もたつきながらも結構な勢いでいれますた。
が、入れてクリックしたら・・集中・・になってしまいますた。
ガックシ・・・・。
盛り上がっただけに、盛り上がった分、気持ちいっぱい落ちますね。

イープラスの方の初日リリア、3分前で×の印でてたし。
早いな・・。若しくは速いな。
どっちの漢字かな、この場合、解りませぬが。

この終了の早さ、人気の証だと思うとうれしいですが、
とれない自分のこと考えると悲しいっすな。
まあ、想定内ござりまする、というヘンナ慰めで平常心キープです。

.

.

■さざなみCDの「P」を聴いた時、はっきりいって自分は、ちょっと残念ですた。

ゴースカの時は、マサムネさん、ギターで歌い上げてますた。
アコギの音が、素朴でさみしく、でもどっか暖かくて、マサムネさんの媚びない声を支えて、美しく会場に響き亘ってました。
その時自分の中に、おおお!の世界ができあがりました。

そして、CD買ってきて、いよいよ「P」の番。
ドキドキ。
曲が流れはじめる。

.

.

(=゚ω゚)?
おんや?

それは、違ったイメージになってますた。透明だけど、ちょっと甘ったるくて、素朴だけど素朴じゃない、ちょっと違った曲に。
好きなんだけど少しだけ残念。

.

が、がががが

そう、その時は残念・・だったのですが
とんでもなく盛りかえしますた。

いろいろ問題あるんでしょうけど、2から知ったこのニコニコ動画、ゾクゾクします。

 (=゚ω゚)/ Ω

持ってたイメージ、たいしたイメージではなかったんですね。そうそう、(=゚ω゚)の作り出すイメージは単細胞もビックリもんよぉ。

.

Pの透明感とか作り上げる世界感はまさにこれなんじゃないかと思いました。
コラボさせる人の感性が好きです。
権利とその侵害はまた別ですけど。。
(=゚ω゚)もまたその一翼になってますけど・・。

でも見ていただきたい、聴いていただきたい。入れない時は昼間とかお金はらって会員?になるとか、あるみたいでっす。Pも自分のなかで神曲に。映像がくっついてきてしまうけど。。

.

.

マサムネモデルのギター、申し込み10月15日から30日に変更になったんですね。どんどん遅れると、

(=゚ω゚);;どんどんお金なくなっていくぅー。やばす。

.

来た!!スピッツ単行本『旅の途中』発売決定!

凄いですね。本は落ち着いて付き合っていけるからうれしいですね。

雑誌結構買いました。

でも(=゚ω゚)は、凄い贅沢ものに変身してます。
なんにも無いときは小さな記事でも喜んでいたのに
記事が1ページのは読んでパスなんかしちゃってるし。

そのうち2ページあってもパス。
バチあたりそうですね。
でも部屋にもう入りそうにないんです。。。
地震でスピッツの雑誌の入った棚の下敷きになって逝ったら、それはそれでまた本望とも思えるのですが・・でもな・・生活空間がいびつになってきてるからな。

.

■自分のスピトモは凄いです。あの、さざなみCDの怒濤のプロモーションのラジオを結構バッチリと取ってるんですね。Yさん、筋金入り。

(=゚ω゚)b 貸して~が殺到するね。ゴメンヨォーー。。というか、シーラネェーーと。

で、釣り糸しか入ってない、しかも甘い汁吸い大好きな(=゚ω゚)は、当然お借りして聞き聞きしてますが、なげーーーのです。予備校のテープは速度調整でピッチ上げて、ミッキーさんの声にして聴くけど、MDはそうはいかず、もしピッチ変えられたとしても、スピッツの声はそのまま聞きたいし。
1日24時間からはみ出すので困ってます。

それにしても情報とか、タイトルのスピッツ発見とはほど遠い内容ですねぇ。読んでくれた人、すまんです。。そしてありがとでっす。。

2007-10-11

スペイン坂スタジオ 行ってきますた

■今日はスペイン坂スタジオに行ってきました。

Photo_3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「A'll that RADIO」Spitzアルバム特集!
「ENTERMAX」若きアーティストがSpitzをカバー!
「WONDERFUL WORLD」スペイン坂に生出演!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ってやつです。

午前中に偵察&整理券もらいに行きました。

凄く並んでいたり、整理券の番号が大きかったら
止めようと思ってますた。

でも人並んでなくてホォ。
みんな貰ってどんどん移動するから
ラッキーでした。

おにーさんからコッテリと注意事項の説明をウケテ
お一人様一枚の整理券(番号付きの紙)をゲット。

これがそんなに大きな番号ではなくて
うふふ、これならイケルねぇー。
5時50分に舞い戻ってくるぞ
ってやる気UP。

.

■整理券をもらって
ついでに
nano universe(ナノ・ユニバース)" の「スピッツのROCKな一面をフォーカス」してるというエキシビション行ってみますた。

Nano

でもな
これがな・・これがな・・
ちょっと少ない。
お店の最初の壁にT-シャツに使われてる2種類の写真のデッカイバージョンの写真。
そして、そのとなりの壁にも。
写真はとってもナイスでっす。
でもな
でもな
ちょっと少ない。.

.

Photo せっかくだからとTシャツを購入。
女物のXSはかなり肩幅が小さめですた。
肩幅が32センチくらい。
で、自分は男物のMを購入しますた。

うれしいのはスピッツのちょっとした写真集が頂けること。
でもこれもちょっとした・・・です。写真の左側に写ってるやつどす。

.

■一旦家に戻って
5時50分に間に合うように
再度出陣。

Photo_2

スタジオ前は簡易なもので覆われてて
後ろの列にはカメラが数台。
で、自分たちは前2列でヲッチ。

写真は後少しで、スタジオを覆ってるものの中に入れる
そして、watchできるところでっす。

スピッツが出演するのは6時ということで5時50分までには並んでください
ということだったけど、最初の人達が入ってから
かなりしばらくして、スピッツが入ってきたらしくて
歓声があがってました。

そしていよいよ自分たちの番に。

スペイン坂スタジオは狭いのですが
向かって左側がパーソナリティー2名
右側に手前から、テッチャン、マサムネさん、田村様、サキちゃんが
ちょっと狭そうに座ってました。

時間にして5分くらい。
話し声とか聞こえないけど、
凄い近距離から
じっくり拝見させて頂きました。

皆さん若々しくて
この人達ってホント歳とらないな。
もしかしたら妖怪系とか
不老不死の火の鳥のなんかを手にいれたとか
なんかあるんでないんだろうか。
とおもっちゃいます。

で、ほんとカッコイイ。
それぞれのキャラが立ってるし。。

てっちゃんが顔を変形させて、私たちを遊んでくれましたヨ。
3人は私たちの方をほとんどみませんが
次のグループにチェンジの時
マサムネさんが会釈してますた。

自分は前のグループが抜けて、ぞろぞろと入った時
田村様と目がバッチリ合ったのです!!!!

(=゚ω゚;)ノたむらさま~~~~~~。。。。。。。

うふふ!!やった!!

のような気がしておりますが
気のせいのような気もしておりまする。

やっぱ気のせいだよな・・・。

■昨日アルバム、さざなみCDゲットして
あまりの凄さにビックリしてしまってます。
内容濃すぎ、凝ってるし
どれをシングルにしても不足ないですね。
マサムネさんはやっぱ凄い!!

って解っていたことですが、ここまでホレーって見せつけられると、なんと書いていいのやら。

.

いつもはスピッツの話しすると
「ハイハイ、わかりましたよ、ハイハイご苦労様」
って(=゚ω゚)ノにいう、CDショップのメタ系のおにーさんが
昨日行ったら、今度のアルバムのことを褒めたので
おおおお、と。
メズラシメズラシ。
まじめずらしいです。

.

で、(=゚ω゚)は「デショデショデショ・・だからスピッツはいいっていってるじゃんよぉぉぉぉ!!」とおおいにいばりんこしてきますた。

ひさしぶりに、(   =  ゚  ω   ゚   )←こんくらい大きい顔できました。

CDショップで、かなりの曲聴いてしまった・・・・。

.

■なんか「めざまし」に始まって楽しかったけど
忙しい一日ですた。。
家で録音したのはまだきいてない。
今まだスピッツ録音してまっする。

今回の
ど根性的、スピッツのプロモートの展開。
これも凄いです。。

それにしてもなんか小学校低学年の作文のような文章ですね。
睡眠が足りないからだろ思うのですが
いつもこんなだよなぁ、とも思い始めています。

田村様とは目がバッチリあった気がだんだんしなくなり
自分って、作文能力、小学校低学年くらいって気がだんだんしてきますた。
やばいっすなあ。。

2007-10-08

いよいよ、さざなみCD来ますね!!!

今日は10月8日。

明日は10月9日。

って、当たり前ですが。

さざなみCD、リリースは10月10日ですが

自分がよくいくCD屋さんには

だいたいいつも前日の昼過ぎに入ってくる感じです。

なんか、もうドキドキ。

だんだん興奮してきました。

今回は13曲中、曲を全部聴いたのが10曲。

どれもこれも凄い。

不思議、僕のギター、なでなで、ルキンフォー

もうもう壺なんてもんじゃありません。

あと3曲は通しては聴いてないです。

どんだけ~楽しみか・・。

自分CD開くとき、焦れば焦るほど

ビニールが破れない。

サクット破ってるイメトレしそうでっす。

.

マサムネ邸に「俺の歌声を早い回転数で聴くと女性ボーカルの声になるらしい。」
というのあったけど
たぶんほとんどの男性バーカルの声は女性ボーカルの声になるんでないのと思ったりしてました。

「平井堅君の声が一青窈さんになる」というアレだ・・ということ書かれてましたけど、
自分もトリビアみて、驚き&プチ感動しました。

どっかにあるかなっておもったら、ニコニコ動画にありますた。

.

トリビアのはじめは一青窈の再生速度を落として、平井堅さんの方に近づけるってやつ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9819

.

マサムネさんが言われてる方もたくさんありますた。
平井堅さんの回転数をあげると一青窈さんになるやつ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm741099

.

マサムネさんの声の再生を速くすると
一番近いのはマサムネさんの妹さんらしい。
って、あたりまえかとご本人。

って、あたりまえだろ、と(=゚ω゚)。

※さきほどタイトルだけ飛ばしてしまいますた。入られて、なんにもナシヨだった方ごめんなさい。

2007-10-05

さざなみCD は コユイ ことを実感致しました。

■昨日はラジオ録音ミスッタ。
まじ凹む。
ラジオいぱーい、うれしずぎ。
でも、ついていけないトロめなヤツが若干一名ここにいる。

■さざなみCD

【ライブ&シングルできいたもの】    ルキンフォー    点と点    P    魔法のコトバ 群青

ネズミの進化

【ラジオで聴いたもの】   僕のギター    桃    Na・de・Na・de ボーイ    不思議

【まだよー(not yet )】        トビウオ     漣     砂漠の花

皆様も・・・って、ダレダヨ・・・・・・ありがたやーな不特定のお方・・。

そんな皆様もだいたい同じだと思われます。

って、すでに  「トビウオ」    「 漣 」   「 砂漠の花」聴いちゃった人いたりして。
って、トビウオって書くと、「今 とび魚になって ♪」のチャットモンチーが出てきてしまうな。聴いちゃった人のこと「羨ましいぞ、オイぃ」と思うけど、この3曲は、10日のお楽しみだ。実際は9日に、CDケースのビニールもぎとって、そんな時に限ってうまく破れなくて、「なんでだよぉー」とか言いながら、おお焦りで聴くわけだけど・・。

.

■で、このラジオで聴いた4曲。
これがなぁ・・。

桃がかかる。
いいなぁあ!

次にnadenadeボーイ。
お、これいいなぁ!

そして不思議が流れる。
おお、これいいじゃん!

僕のギターがキター
うっは!!

こんな感じだった。

ちょっと凄い。粒揃いすぎてる。

濃い、マ風にコユイ。

今年の巨峰のようだ。

スーベニアの時には自分は「ちょっとこの曲はパスかな」っていうのがあったけど

このアルバムはないんでナイノ。

.

.

■「桃」

はいわゆるスピッツらしい曲と紹介されていた。
まさにいわゆるスピッツらしい曲だ。

.

■「Na・de・Na・de ボーイ」

絶対やることが決まっていたので、盛り上がれる曲として、一番最後にレコーディングしたらしい。マサムネさんがタイトルも既につけて、やる気十分の曲だったらしい。マサムネさんの心の状態にマッチしてるのかな。

歌詞も展開もとってもおもしろい。展開が甘い手の上がり方に似ている。甘い手すきな自分はゾクゾクする。因みに、Smells Like Teen Spiritには全然似ていない。

.

■「不思議」
昔のスピッツであったら、ディスコサウンドでアプローチが難しかった曲らしい。

この曲の気持ちよさはなんだ。
聴いててものすごく気持ちがいい。
(=゚ω゚)<<<気持ちいーーい

自分は田村様がNHK FMで紹介してた、アイアンメイデンみたいな、こってりのアツイ、ヘビメタ系大好きなんだけど、でもこの曲、凄い好きだ。もっとテクノっぽい感じでもいい。

曲って、琴線にふれられちゃって共感して大きく心を揺さぶられたりで、悲しさとか恋しさとか切なさが増幅するものっていっぱいある。超絶な演奏とか内容で興奮でとんで逝ってしまいそうなのもある。で、どちらも好きなわけだが、この曲はといえば、感情が増幅するとか、興奮の次元ではなくて、自分にとってすごく気持ちがいいのだ。
こういう曲すごく欲しかった。
そういう意味で(=゚ω゚)ノにとって不思議は最高ナノダ。

歌詞おもしろい。よける、ぶつかる、君がとべる、君をとばす、わざとよける、不意にぶつかるなどなど。任天堂の64のゼルダの伝説思い出す。

■「僕のギター 」
これは凄い!
素朴だけど、美しい出だし。バンド全体が入ってきて、その後展開する。堂々とした神々しいとさえ言っていいような展開。鳥肌が立った。スピッツファンであってマジによかった、涙がでてしまう。この曲ライブはやばいな。

4曲がこんなだったら、あとの3曲はどうなるんだろう。
10月10日が楽しみ。
というより、なんかドキドキコワイ気もする。

.

200710041257000■雑誌

本屋さんに行く。平積みにスピッツ、隣もスピッツ、そしてまたスピッツ。

ひらひらひらずみ~~。

(=ーω゚)ニヤリ>(=~ω~)ふふふ>(´ω`)ノワーイ>(=~○~)ははは。

もう見てるだけで、ハイになってしまいました。

イケナイコとなんだろうけど、とっちゃいました。って本盗ってません。撮っちゃってますが。ごめんなさい、本屋さん。

左から、「音楽と人」「JAPAN」「Tlaking Rock!」

スピッツずらーり。

後でまた本の事は書こっと。

■選曲って

タワレコのメールから

「『Various Artists / 松本隆WORKSコンピレーション「風街少年」(仮)』
草野マサムネも選曲に参加、松本隆作品コンピレーション。
http://dm.tower.jp/r/c.do?ory_d6v_rP_jeq

※更新写真うpせずにしちゃいました。で、直しますた。誤字もちょこりと・・。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »