2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大阪ロックロックこんにちは!の詳細がでた | トップページ | ないようはないようといってみる、てか、そのとおり。 »

2009-07-11

DVDのことでだらだらと書いてしまった

chicksun 君は太陽

イノセンスや GHOST IN THE SHELLの  Production I.G が制作に携わるという「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」。その主題歌をスピッツが歌う。

自分は、ストーリーや、場面が今一解らないところあるけど、「攻殻機動隊」大好き人間なのだ。自分の髪型、実は草薙素子似なのだ。オムネとオケツは・・・全く似てない。激しく負けているのココロ。が、ウエストは激しく勝ってるねー。
(^^)/スリーサイズを足せば、同じくらいかも。
(^^)/やったね。
って、全然やってないけど・・

ナイスな映像チームにナイスなバンドの曲。
どんな感じで「君は太陽」流れてくるんでしょうね。ってか、どんな曲なんだろう。ストーリーは全く知らないけど、夏が楽しみだ。にしても、公開が夏休みの終わりだから、なんかおそげだな。

sixfourオケラ

オケラ・・オケラってなんだっけ。昆虫ってのは解るけど、形がぱっと思い出せない。
「たがめ」だったら思い出せるんだけど。
で、ググル。
で、全然知らない人のHPをリンク(m(_ _)m)

おけら

凄い迫力。3センチくらいだからいいけど、
もう少し大きいと、ヒクな。

画像見ながら、どんな曲だよぉおおと叫んでみたくなる。

ぐぐってなるほどと思ったのは、「オケラになる」の語源だ。
オケラになるって、一文無しになることだけど、前からみると万歳しているように見えるからそのように言うらしい。
一文無しになると万歳するのか。

音楽の中に君がいるnotechicknote

そして今時になって、ゾンアマから「音楽の中に君がいる」が届く。
ちょっと遅れて申し込んだからか、在庫がなかったらしくて、出荷日が数回にわたって引き延ばされて、ついにきた。
が、自分は既に、本屋さんで購入しちゃってて、ゾンアマにキャンセルするのを忘れてたので2冊になった。昔は保存用とかいって取っておいたけど、今はもうそんな余裕コイテるスペースが部屋にない。内容はさざなみCDがでる直前のインタビュー。誰かもらってちょ。って、みんな持ってるだろな。。

DVDcd

これがなー。
ブログ書こうと思ってなかなか書けないのは
気持ちがここにひっかかてるのかもしれない。
会報読んで、座談会のDVDの部分読んで
それなりにいっちょ前に凹む。

でないのかーって。

rock具殿の発言、どのように理解したらいいのだろう。
長めにお話されてるけど、全文UPする訳にはいかないので、

簡単に書くと
「ライブを記録媒体に残すと、本来のライブとは違ってくる。
  売り物として恥ずかしくないなら出す。ライブに来た人は具様達のOKした映像みたら絶対いいという、が、映像のみで、そのアーティストが凄くいいと言ってる人がライブに来て、あらって感じることもあるし、そこら辺はアーティストによって差がある。
スピッツの場合はジャッジがきびしい」
ということになるのかな。

seventwoこれは何を言ってるんだろう。
たぶんスピッツの場合は、具様が例として出している場合と逆で
ライブのナイスさと記録媒体の差が納得いくほど縮まっていない
ってことだろか。

たぶんそーだろな。でもなー、DVDを単なる記録媒体として、当日のライブを忠実に再現する手段というもののみに捉えるのはどうなんだろう。
その日のライブと言っても、お客の方も、座ってる場所だって、見てるところだってみんな違ってる。集中する楽器の音だって違ってるし、好みのメンバーだって違ってるし、だから感想も違ってくる。これがその日のライブです、という統一的なものがあるわけではない。

ライブとDVDは本と本を元にして作られる映画のような関係であっていいと思う。数台のカメラが捉えた同時刻の複数の映像を選択しつなぎ合わせて、また別のスピッツのすばらしい世界を、制作者の個性で創りあげる独立した作品だと思う。ライブ丸ごとが長すぎるなら、抜粋でもいい。抜粋の箇所とかはDVDのプロデューサーの個性発現にかかることだと思う。

具様は映像がナイスだったけど、実際のライブがダメな例を挙げてる。ということは、実際以上にナイスな世界を創りあげてるDVDがあるということだ。そんなDVDを造れる映像陣やプロデューサーがいるってことだ。

だったら、そういう人に制作を頼んだらいいのにって言いたくなってしまう。

さざなみOTRは2カ所?、カスタムが一回収録されたが、その時の映像スタップは○ソだったのか。そんなことは絶対にないはずだ。それを元に当日以上に感動創ってくれるプロデューサーとかいればいいのにな。

って、よっぽどDVDが欲しいんだな、自分

くどくどと・・・。

絵文字に卵のキミがなくて・・・成長したchick
使ったです。(^_^;)

« 大阪ロックロックこんにちは!の詳細がでた | トップページ | ないようはないようといってみる、てか、そのとおり。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

俺も会報読んでDVDの部分に凹んだというかムカついた(笑)
ファンの事を全く考えてくれてないんだなって思いました。
ファンにとってはダメなライブだろうがなんだろうが
スピッツが演奏してるところを見たいわけじゃん?
ファンの中にはライブに行ったこと無い(行けない)人だって
いるでしょうし・・・
CDだって、今はおまけでPVのDVDが付いてる時代なのに
スピッツは全くそういうことをしない・・・
もっとサービス精神を持って欲しいです(^_^;)

こんにちはーーー☆

ほんと今回の会報は・・・呆れました
廻りの考えがあれでは・・・
本人たちがどう考えているのかわかりませんが
ライブに来い?
ならFC先行くらいはは100%当選させろよってかんじです。
愚痴ばっかりですね
もうすぐ夏イベなのに
気分を害されましたらスイマセンです。

さもさん、こんばんは

お立ち寄り、そしてコメありがとうございました。

実は自分もそのヘンのところが
一番グサってきたのかもしれないです。
その辺りを書こうかなって思ったのだけど
ちょっと躊躇してしまって・・。

ライブに行ったことのあるようなファンが喜ぶくらいじゃ、
DVDは出せないのねって思っちゃって。
なんか大切にされてないじゃん・・
そんな感情がふつふつと一時沸いてました。
だから、さもさんの書いてくださったことが
よくわかってしまう・・。
さもさんが書いてくださったことで
スッキリしている自分です。

スピッツのライブに行ったことのない人がDVDみて
なんだ、スピッツってこんなんかって
思うこともあるかもしれないというマイナスと
ライブに行ったことのある人が喜ぶというプラスを

足すと
やっぱりマイナスになるという計算なんでしょうね。
でもな・・
ライブあそこまですばらしいのに
そうなっちゃうというのは
撮影がだめだったんでしょうか。

さもさんも自分も指を見たいっていう下心もありあり
でも、私はさもさんの指をみさせて頂くということで
少しはCALM DOWN。

お立ち寄り、そしてコメありがとうございます。
あまりにまったりですが
たまに覗いてやってくださいませ。
ありがとうございました。

タビビトさん、こんばんは

こちらにお立ち寄りくださったなんて
うれしいです。
今日日ほんとまったりした感じでしか更新してなくて・・。

コメもありがとうございます。

音楽の受け手にとって
DVDとライブって、音楽の伝わり方の違うことは
DVDが出たての頃ではないから
スピッツファンならずとも
音楽詳しくない人でも既に理解してることだと思います。

ライブのいいところ、それは凄くいっぱいですが
DVDにもそれがあって
自分が見られない角度や近さからアーティストをとらえてたり
自分ではけっして見ないだろうというところをとらえていたり
いつでも見られたり
どこでも見られたり
いろいろあると思うんですよね。

音楽が伝わってくる媒体として
異なったものだと思うんだけど
コンサートの方がいいから来いって言われても・・。

でも確かに、ライブの方が伝わり方が直だし
強烈だし、スピッツのライブすばらしいし・・
だったら
ほんとおっしゃるとおりで
チケットがもう少し取りやすければなって
自分も思いました。

自分が舌足らずなところとか
逃げちゃってるところを
ズバと書いてくださってありがとうございます。

ライブに来たファンのみならず
来てない人もすばらしく感じるDVD
完成するまで、映像担当の人とか
(って、どなたなんでしょ。全然知らないですー)に
がんばってもらいたいと思います。

お立ち寄りありがとうございました。
なんか今日は用事で忙しくて
頭がぼんやり。((^_^;)いつもでした)
日本語へんですみませんです。
それではまた

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/45596143

この記事へのトラックバック一覧です: DVDのことでだらだらと書いてしまった:

« 大阪ロックロックこんにちは!の詳細がでた | トップページ | ないようはないようといってみる、てか、そのとおり。 »