2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« エレキギター | トップページ | VINTAGEの先行 »

2010-01-25

エレキギター2

昨日はお世話になってる人主催のスピッツ系のイベントで
へっぽこなギターを弾いてみたりした
楽しかったな ̄∇ ̄
いろんな人がたくさん演奏したけど
人様の演奏はとっても参考になる

で、昨日も使ったけど
自分の今使ってるギターはPRS
ポールリードスミスなんだけど

マサムネさんの日記みて
(=゜ΨΨ゜) Oh my goodness!

次の日の日記のちょっとエクスキューズみて
再び
(=゜ΨΨ゜) Oh my gosh!

マサムネさんが日記で
ポールリードスミスについて書いてくれてるんだよね。

内容としてはギブソン・フェンダー・グレッチ・リッケンバッカー・BCリッチなど、昔人気あったものに加えて、PRSなんかも今の若い人には人気だけど
凄い作りはいいけど、ロックぽくねーって感じの内容だ。

PRSなんて知らないって方でも、マイケルジャクソン好きな方は
This Is Itの中で女性ギタリスト、オリエンティがかっこよくリハで弾きタオシテるギターといったら、あああ、って感じだと思う。
オリアンティはサンタナへの憧れってのがあったから、PRS使ってるのかもしれない。この前はレスポ提供のイベントにも出ていたけど・・。

このギター、作りは端正なんだけど、形とはちょっと違って、野太いはった音も出るのだ。守備範囲がとっても広いと思う。ストラトっぽい音もでるけど、レスポな感じもいける。クリアートーンから野太いはった音まで、ドントコイ超常現象、(の超常現象はいらない、)って感じだ。

だからプロはたくさんギターを持ち込めるだろうけど、ヘタッピな腕前でいろんなスタジオをうろうろしてる自分なんかには、一台の持ち運びがやっとで、このギターいろんな音が出せるので凄く便利なのだ。
ステーキの専門店、とか、うどんの専門店とか、ケーキの専門店とかの専門店のイメージではなくて、そこそこにおいしいものをだすレストランって感じなのだ。

ロックぽくないっていうのは、自分の感性と同じかもしれない。見た目、形が華奢だし、妙に美しいかったり奇抜なヘンなブツジョア色だったり。って、どんな色だよ、それ。

自分は一昨年の晴海のギターショーで、ブルーのPRSに気持ちを持ってかれて、携帯に入れて持ち歩いて、時々眺めてはニヤ( ̄∇ ̄)。キモチワルスの人してた。
で、しばらくして、ビルローレンスと共に使うギターとしてSGを買おうと思ってたのに、PRSを購入してしまった。
ココロ奪われたブルーのPRSとはお値段全然違うけど、今ので満足している。
で、マサムネギター(ビルローレンス)をメンテに出して、メインは便利なので、PRSに落ちついてる。

Dvc00037_2

←ギターショーでみたギター

 ほんと美しかった

マサムネさんが日記にPRSのことを書いてくれるなんて、サイコーの宣伝だ。
自分もイメージは同じ感じだな。そしてプロならごもっともな意見だと思った。
エクスキューズしているのが、なんかマサムネさんらしくてカワユス。。

( ̄∇ ̄)bそうそうこのギター、お若い人に人気らしい。
で、このブログの中の人も使ってる。
ということは、このブログの中の人もお若い。

っていう、この三段論法まがいのもの、成り立てよなぁ!

たぶんおわかいひととおばかいひとが使ってる感じだな~

ギターとの関わり方って女の人との関わり方に例えられることがある。
ギターをよく交換する人ってのは、女の人をよく乗り換える人みたいな。
ギターをずーと使ってる人でそんなに手入れしない人とか、
同じギターをずーと大切にしてる人とか
いろいろだな。
これにマサムネさんあてはめてみたり。。

するな。。

自分は2,3年に一回は乗り換え系みたいだ。
でも今回のPRSは端正でイケてるフェイス、パワーもありクリーントーンも美しい。
男に例えるなら、端正な顔立ち、要するにイケメンで精神的にマッチョで、しかも繊細。
乗り換えの必要はナサゲだ。。

« エレキギター | トップページ | VINTAGEの先行 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161616/47387842

この記事へのトラックバック一覧です: エレキギター2:

« エレキギター | トップページ | VINTAGEの先行 »